小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

音工房Zの『Solen 18AWG空芯コイル 0.43mH』でネットワーク構築に挑戦

2018.01.05

■真打ち登場! 空芯コイルを加える

それではいよいよ『Solen 18AWG空芯コイル 0.43mH』を接続してみよう。ユニットは液体ゴムを塗っていないノーマルの8cmフルレンジを使用する。まずエナメル被覆をサンドペーパーで剥がして銅線が見える状態にする。後は接続するだけだ。実験的に接続するのはカンタンなのだが、ネットワークとしてスピーカーに組み込むのは少々、面倒である。一般的には専用のボードにコンデンサーとコイルをガッチリ固定してスピーカー内部に取り付ける。または外側に出す場合もある。スピーカー内部に固定するのは大変そうなので、ユニットの磁気回路裏側にホットメルト接着剤で固定した。この方法は邪道なので良い子の皆さんは絶対に真似しないように。


いかにも音が良さそうな赤い被覆のコイルが届いた。


コイルの先端の被覆を剥がして通電するように準備しておく。


スーパーツイーターにコイルを加えて試聴する。


8cmフルレンジにコイルを加えたときの周波数特性。青線がコイルありの特性だ。


スピーカーユニットの裏側にホットメルトを使ってコイルを固定。スピーカー端子とコイルは直接ハンダ付けしている。


2016年「Stereo 8月号」に付属した8cmメタルコーンのフルレンジにユニット交換して試聴してみた。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。