小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

『TRAIN SUITE 四季島』VS『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』大人気クルーズトレイン、どっちに乗りたい?

2018.01.03

《 気になる料理もコース、特別!〝走るホテル〟の客室大解剖 》

クルーズトレインを象徴するものが豪華な寝室をはじめとする客室スペースだ。快適な睡眠時間を確保しながら、昼間は、いかに疲れにくいアメニティー空間を設けられるかが、その列車の価値を決定づける重要なポイントとなる。それぞれの列車では、これまでの鉄道車両の常識を一変した様々な新機軸が採用され、思い切った客室づくりを実現した。ここでは寝台列車の頂点に立つ最上級の車内を紹介。併せて設定コースや料理についても触れておこう。

[最上級客室比較]

TWILIGHT EXPRESS 瑞風

■TWILIGHT EXPRESS 瑞風
1車両1室の最上位客室【ザ・スイート】(1人/78万〜125万円)

プライベートバルコニーが付いたエントランス、広々としたリビング・ダイニング、寝室、バスルーム、2ヶ所のトイレを備えた、世界でも珍しい1両1室の構成。スイートと呼ぶにふさわしい贅沢感が凝縮されている。

2台のダブルベッドを常設
2台のダブルベッドを常設。足元側に大窓、枕側に小窓を配して車内の彩光に配慮。

大型のバスタブ
大型のバスタブを備え、床には大理石を使用した本格仕様。バスタブは列車の揺れで湯がこぼれ出ない設計になっている。洗面も十分なサイズ。

2階建て構造の上階に設けられたリビング
2階建て構造の上階に設けられたリビングは、階下に通路を配置することで広い空間を確保。ソファはエキストラベッドとしても使用できる。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。