小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

30年以上売れ続けるロングセラー商品に学ぶヒットの方程式

2017.12.07

少し先輩、ちょっと後輩たちにも今も続くヒット商品がいっぱい!
【まだある〝アラサー世代〟のヒット商品4】

■今に通ずるブームの原点はここに!

 1986年の前後にも目を向けてみると、そこにも今に通ずるヒット商品が多数! ソニーの『ハンディカム』は、家庭用ムービーを片手で持てるほどにまでコンパクト化し、世界中でヒットを続けた。アサヒの『スーパードライ』の登場で巻き起こったビール戦争は、今の日本の酒ブランドを世界に広げるきっかけに。

 これらの商品が激動の30年間を生き抜いたその背景に、まだ見ぬヒット商品を開発するヒントが隠されているに違いない。

●家庭用ビデオカメラのヒットブランド

5-50-039

ソニー『ハンディカム』(1985年発売)

それまで大型で高価だった家庭用ムービーをぐっと身近にしてヒット。小型化の技術は現在のウエアラブル商品にも継承されている。

●朝シャンブームを巻き起こした洗髪洗面化粧台

5-50-030

TOTO『シャンプードレッサー』(1985年発売)

蛇口をハンドシャワー式にした洗面化粧台。何かと忙しい朝、洗面台でシャンプーができるようになった。最新モデルは木目調も登場。インテリア性を追求している。

●新潟県が誇る有名銘柄

5-50-029

朝日酒造『久保田』(1985年発売)

品質第一主義を念頭に商品化された吟醸酒。品質の良さは全国に知れ渡り、今や7種類のシリーズを世に送り出している。写真は特別大吟醸30周年記念酒。

●日本のビール市場にドライブームを巻き起こした

5-50-028

アサヒ『スーパードライ』(1987年発売)

日本初の辛口生ビールとして大ヒット。ビール界にドライ戦争を巻き起こした。洗練されたクリアな味が人気を集めている。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。