人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

20年ぶりにアルゼンチンから帰国した丸ノ内線500形

2017.12.07

■4両のプロフィール

 増澤技術課長によると、3両を復元したのは留岡常務取締役の意向で、1両が動けなくなってしまった場合、残り2両でカバーできるという。また、復元に際し、1両ごとにテーマがある。

○584号車(初期仕様)


丸ノ内線開業時を再現した方向幕。運行番号の「90」は、地下鉄開業90周年を表す。

 500形登場時の姿を極力再現した。新製当初は300形、400形に倣い、方向幕(前面のみ設置)の両側に方向識別灯が組み込まれ、荻窪方面は黄色、池袋方面は水色が灯っていた。方向幕はプロジェクトメンバーが調べたところ、幸い図面が残っており、当時を再現した。

 ほかの2両と異なるのは、車両番号の標記はステンレスの切抜文字、乗降用ドアの窓が大きい、側面の窓枠及び戸袋窓の内側はダスキーピンク、外側は赤。台車、連結器、床下機器は黒、荷棚は戸袋のみ設置である。


584号車の車内。

 500形は冷房装置が搭載されていないこともあり、天井が高く、丸みもあるほか、実は暖房装置も未搭載。地上区間が短いことや、冬場であってもトンネル内は低温にならないからだ。

 登場時の吊り手はリコ式だが、今回は銀座線1000系特別仕様車と同じ模擬形状とした。

○734号車(引退仕様車)


734号車のエクステリア。いつかは先頭車として“御尊顔”を拝したい。

 734号車は営団地下鉄時代に大規模な改造が施されており、出国前の状態をできるだけ再現した。

 
734号車の車内。

 隣の771号車と共通しているのは、車両番号の標記はペイント、乗降用ドアの窓が小さい、側面の窓枠及び戸袋窓は内側、外側ともに無塗装。台車や床下機器はグレー、荷棚は座席の上部に設置した。鉄道業界でいうところの「マイナーチェンジ」である。

 一部の乗降用ドア上には、当時使用されていた丸ノ内線路線図を掲示。引退時は丸ノ内線に西新宿駅が開業、南北線も四ツ谷―駒込間を延伸開業していたが、ここでは駅や乗り換え案内の表示はない。駅ナンバリングもないので、シンプルに映る。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。