みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >AV・デジカメ
  3. >真空管アンプを自作しよう!KT88が挿…

真空管アンプを自作しよう!KT88が挿せるTRIODE『TRK-3488』(2017.12.01)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

■Introduction

真空管アンプの終着点は何処にあるのか。それは人さまざまだが、私は直熱三極管シングルアンプが目的地だ。そこに到達するまでに五極管やビーム管を聴きたい。現状では6V6のキットまで作製した。次はEL34かKT88のキットを作りたい。それに最適なのがトライオードの真空管アンプキット『TRK-3488KT』である。トライオードが創立15周年を記念して作ったTRKシリーズの第一弾で、クラスA増幅で自己バイアスにより、EL34またはKT88を調整不要で差し替えられる。さらにプリント基板だけでなくディスクリートの配線もおこなうが、難しい入力端子やボリューム周りのシールド線などは配線済みという親切なキットなのだ。

■Report

今回のキットは同社の完成品と全く同じ外装を採用。真空管カバー付きで、幅310×高さ190×奥行き280mm、12kgの立派なサイズになる。入力切替とボリュームがあるプリメインアンプで、出力はEL34で6W+6W、KT88で7W+7Wを確保している。キットには最初からKT88が付属したタイプもある。さらにNFB(Negative feedback)をON/OFFできるスイッチがあり、接続するスピーカーによって音色の違いを楽しめる。


JJ ELECTRONIC『KT88』を差し替えて試聴した。このデザイン迫力満点だ!


基板なしのフルディスクリートだと、このような配線だらけで難易度急上昇。


しかし、トライオードのキットは基板+配線、パーツ取り付け済み、一部配線は完成済みである。

1 2 3 4 5 6 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。