人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.23

入社4年目社員の本音「認められるまで徹底的にやる!」バンダイ・渡邊奈津美さん

■あなたの知らない若手社員のホンネ
~株式会社バンダイ 渡邊奈津美さん(26才、入社4年目)~

「若い部下の考えていることがよくわからん」という声をよく耳にするが、20代の社員は何を考えているのだろうか。また、同世代はどのような状況に置かれ、どんな仕事をしているのか。入社3~5年の社員の話にじっくりと耳を傾ける。

第二回目は株式会社バンダイ、ガールズトイ事業部マーケティングチームの入社4年目、渡邊奈津美さん(26才)。取引のない業界のバイヤーに新商品を持ち込み、業界を知らないと怒られたり、『たまごっち』のマーケティングの担当時は、相談されることなく上司同士が物事を決め、ちょっぴり悔しい思いを味わったり。ホウレンソウの大切さに気づき、徐々に仕事ははかどっていくが――。

前編はこちら

●認められた!

入社3年目、法人の営業を担当しました。大手量販店のおもちゃ売り場を巡回して、店長さんとお話をして、売り場の陳列棚を改善したり、バイヤーさんと商談をしたり。店舗の責任者の中には気難しい方もいます。ある店舗では、『たまごっち』の販促物に「故障中」の張り紙が貼ってあって。手に取ってみると、別に問題はなさそうなんです。

「これどこが壊れているんですか」と店長に聞いたら、

「テメーの会社の販促物なんだから、故障の箇所ぐらい自分で把握しろ!」みたいな言われ方をしまして。

 そこで私は店長に言ったんです。

「わかりました。有難うございます」と。

 相手は私の父親ぐらいの年齢ですし、すごく怒っていたので、「故障なんかしてないじゃないですか」と言っても、火に油を注ぐだけで何にもならない。理不尽ですけど仕方ないと思いつつ、お店を後にする時に販促物の「故障中」の張り紙をそっとはがして。

 その店舗は何回も巡回し、挨拶できる人間関係を築いたのですが、私の中ではずっと怖い店長さんでした。

 そして1年後、

「実は担当を外れることになりまして、このお店にも来られなくなっちゃいます」と、店長さんに挨拶したんです。すると、

「若いし女の子だし、男の営業に比べてちやほやされているんじゃないかと思って、最初から厳しく応対したんだ」と、言葉をかけてもらいまして。なぜ私に厳しかったのか、理解できたのですが、次の店長さんの言葉が嬉しかった。

「キミは僕がどんなに言っても強かったよ。芯がしっかりしている」

 認められたんだという思いが、こみ上げてきました。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。