小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

賢人たちがジャッジ!触ってわかった『iPhone X』の○と×

2017.10.26

■カメラ画質が大幅アップ

房野氏:カメラはどうですか?

石野氏:一番びっくりしたのは、スペックの数字が前モデルとさほど変わっていないのに、「8/8 Plus」も含めて画質がすごく良くなったこと。センサーが違うんです。

法林氏:プレゼンで新しく設計したセンサーと言っていた。スローを撮れたりとかいろんなことを考えると、おそらく「Xperia XZs」以降と同じメモリ積層型センサーを使っていると思う。

石野氏:特徴がそれっぽいですよね。

法林氏:似ている機能が多い。

石野氏:もしくはカスタマイズしている。

法林氏:スローを撮ったり、シャッターラグを抑えたりするには、メモリ積層で読み出しっぱなしにしておく方が確実なので、たぶんあのセンサーじゃないかと思う。

石野氏:メモリを先読み撮影とかに使わず、画質を上げるために使った感じがしますね。

石川氏:夜、暗いところでも人物撮影がきれいに撮れますね。

石野氏:カラーフィルタを変えた効果も歴然で、メシウマ写真が撮れます。

石川氏:メシマズ写真を撮らせたら日本一で、ソニーの開発陣をも迷わせたという石野さんが(笑)

房野氏:デュアルカメラの、レンズの縦横の位置が変わりましたが、違いの意味はあるのでしょうか。

石野氏:意味が分からないんですよ。

法林氏:部品レイアウトの問題なんじゃないかな。ただ、悪気があっていうわけじゃないけど、横に並んでいるデュアルカメラは1年見たので見慣れたんですよ。「X」の縦並びのデュアルカメラを見ると間抜けな顔に見える。

石野氏:僕はスリムに見えていいなと思いました。

石川氏:自分はAR的に違うんじゃないかと思うんですよ。

法林氏:僕は部品のせいだと思うな。「X」は表側にいろんなセンサーが入ってレイアウトが違うので、部品が入らなくなって縦にしたんじゃないかなと。

石野氏:分解レポートを見ろってことですね。

法林氏:分解レポート、めっちゃ見たい。

房野氏:ほかのモデルのカメラと比べてどうですか?

法林氏:Xperiaと比べるのは可哀想。Galaxyと比べると、Galaxyの方が明るい印象を受けます。

石野氏:明るさはそうですね。

法林氏:少ししか撮っていないから分からない部分もあるけれど、暗いバーで撮った写真を見ると、iPhone歴代のカメラにあったぺったり感が減って、立体感がだいぶ表現できるようになった感じです。

石川氏:iPhoneはそこそこきれいに撮れるけれど、のっぺりしていた。

石野氏:ディテールの表現も良くなったと思います。画質がきれいになったというのも、いつものことと軽くスルーしていたんですが、実際に撮ってみたら全然違った。

石川氏:撮影時に機械学習も使っているので、単に部材が良い悪いでは判断できなくなってきましたね。

石野氏:今回、アップルはカメラアピールが控えめ過ぎ。

法林氏:もうちょっとアピールしてもいいね。

……続く!

次回は、新型『iPhone』の買い方についての会議です。ご期待ください。

法林岳之
法林岳之(ほうりん・ たかゆき)
Web媒体や雑誌などを中心に、スマートフォンや携帯電話、パソコンなど、デジタル関連製品のレビュー記事、ビギナー向けの解説記事などを執筆。解説書などの著書も多数。携帯業界のご意見番。

石川 温
石川 温(いしかわ・つつむ)
日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、2003年に独立。国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップルなども取材。NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」で講師役で出演。メルマガ「スマホで業界新聞(月額540円)」を発行中。

石野純也
石野純也(いしの・じゅんや)
慶應義塾大学卒業後、宝島社に入社。独立後はケータイジャーナリスト/ライターとして幅広い媒体で活躍。『ケータイチルドレン』(ソフトバンク新書)、『1時間でわかるらくらくホン』(毎日新聞社)など著書多数。

房野麻子
房野麻子(ふさの・あさこ)
出版社にて携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスライターとして独立。携帯業界で数少ない女性ライターとして、女性目線のモバイル端末紹介を中心に、雑誌やWeb媒体で執筆活動を行う。

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。