小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜ、ひとりで努力をする人は嫌われ者になるのか?

2017.09.29

■悪循環に陥る

 得てして、このタイプは努力家である。高校や大学受験ならば、ある程度の結果を出す可能性が高いのかもしれない。少なくとも、怠慢な学生よりははるかに優秀だったはずだ。そのことは尊いし、評価されていい。だが、皮肉なことに10代のときの「成功体験」が、実は災いしている。思い描いた結果にならないと、黙々とひとりで行動をとり始める。努力すれば、報われると信じ込んでいる。これが、悪循環の始まりなのだ。

 会社員はどこまでも組織の人であり、その中でしか生きていくことができない。絶対に上司や周囲との関係を常に良好にするようにしないと、高い実績を残すことができないようになっている。ひとりではなく、上司や周囲、取引先、お客さん、クライアントとの関係構築こそ、急ぐべきなのだ。良好な関係ができあがり、好印象を与える印象をつくっておけば、悪循環に歯止めをかけることができるようになる。ところが、それをしようとしない。会社という組織のからくりや、そこで働く人の心理を知らなさすぎるのだ。

■努力がブーメラン

 このタイプはひとりで黙々と努力することが、いわば「ブーメラン」として自分自身に跳ね返ってきていることに気がついていない。相変わらず、意識は10代のときのままなのだ。「努力すれば、なんとかなる」と信じ込んでいる。だが、仕事を懸命にすることは当たり前であり、威張ることでもなく、自信を持つようなことでもない。会社員なのだから、チームの一員としての自覚を持ち、仕事をして大きな結果を残してこそ、自信をもっていい人なのだ。つまり、努力するポイントがずれている。力を向けるのは、自分自身がこれだけがんばったという自己満足ではなく、皆との関係づくりであり、その中での実績なのだ。

 なぜ、自分の努力は報われないのか、と考えるだけでも、悪循環から抜け出す1歩になる。どうか、試みてほしい。

文/吉田典史

ジャーナリスト。主に経営・社会分野で記事や本を書く。近著に「会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ」(KADOKAWA/中経出版)。

■連載/あるあるビジネス処方箋

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。