小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

通がセレクトした今、聴くべきJAZZヴォーカル名盤20選

2017.05.02

【15】

フランク・シナトラ『スイング・イージー』

フランク・シナトラ『スイング・イージー』(Capitol)1954年

「アメリカの声」シナトラはポップスとしても聴けるが、じつは優れたジャズでもある。上手く聴かせることより、まず全身でオレ=個性を表現することを考えている。ここがジャズたる所以だ。

【16】

アニタ・オデイ『スイングス・コール・ポーター・ウィズ・ビリー・メイ』

アニタ・オデイ『スイングス・コール・ポーター・ウィズ・ビリー・メイ』
(Verve)1959年

ビッグ・バンドの前に立つアニタ。黒人の粘りや重さとは違う、歯切れよいリズムが独特のスイング感を醸しだし、バンドが彼女の歌に引っ張られているのがわかる。歌で音楽を仕切る姉御なのだ。

【17】

ビリー・ホリデイ『アット・JATP』

ビリー・ホリデイ『アット・JATP』(Verve)1945〜46年

人種差別や社会の軋轢といったイメージで語られがちなホリデイだが、もっと歌を聴くべきだ。ここでは腕利きバンドをバックに、緩急自在に生き生きと歌うホリデイがいる。ホントに上手いのだ。

【18】

チェット・ベイカー『シングス』

チェット・ベイカー『シングス』(Pacific Jazz)1954〜56年

トランペット名手の、たぶん余芸で始めたヴォーカルも、超個性的ゆえにいつしか本芸に。頼りなげで声量もなし。でもそこが女子のハートをわしづかみにするとは本人も思わなかったに違いない。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。