小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

通がセレクトした今、聴くべきJAZZヴォーカル名盤20選

2017.05.02

【09】

エラ・フィッツジェラルド『マック・ザ・ナイフ〜エラ・イン・ベルリン』

エラ・フィッツジェラルド『マック・ザ・ナイフ〜エラ・イン・ベルリン』
(Verve)1960年

しっとりしたバラードだけでなく、スキャットはもちろん歌詞まで即興する自由自在の歌声は、まるでジャズ・ヴォーカルのショウケース。しかもそれをライヴで披露しているところがすごい。

宮澤明洋(『ハイレゾレコパル』編集長)

【10】

ブロッサム・ディアリー『ブロッサム・ディアリー』

ブロッサム・ディアリー『ブロッサム・ディアリー』(Verve)1956年

腕利きたちをバックにピアノで弾き語る、元祖メガネ女子にして才人。でも小粋でコケティッシュな歌声が最大の魅力。聴くたびに懐かしくも新鮮な、恋人に出会ったような気持ちにさせてくれる。

真舘嘉浩(グラフィックデザイナー)
『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』で「歌を見る」連載中。

【11】

マリーナ・ショウ『フー・イズ・ディス・ビッチ・エニウェイ』

マリーナ・ショウ『フー・イズ・ディス・ビッチ・エニウェイ』(Blue Note)1975年

ファンキーでソウルフル。名曲揃いでサウンドも完璧な仕上がり。ソウル・ミュージック筋でも不動の名盤だが、「ジャズ耳」で聴くと、ここにはジャズ・スピリットが満ち満ちているのがわかる。

長沼敬子(ジャズ・ヴォーカリスト)

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。