小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

通がセレクトした今、聴くべきJAZZヴォーカル名盤20選

2017.05.02

【12】

カーメン・マクレエ『グレート・アメリカン・ソングブック』

カーメン・マクレエ『グレート・アメリカン・ソングブック』(Atlantic)1971年

タイトルどおりアメリカの新旧の名曲が次から次へと歌われる、生々しい臨場感に溢れたライヴ・アルバム。スタンダードからカーペンターズの曲まで、どれもカーメンのジャズになっている。

鶴野美香(ジャズ・ピアニスト)

【13】

サラ・ヴォーン『クレイジー・アンド・ミックスド・アップ(枯葉)』

サラ・ヴォーン『クレイジー・アンド・ミックスド・アップ(枯葉)』
(Pablo)1982年

サラ唯一のセルフ・プロデュース作品。選曲もメンバーも自分で選んだだけあって、キャリア40年の集大成となった傑作だ。歌詞も原曲メロディも出てこない全編スキャットの「枯葉」には驚愕。

勅使河原淳子(ジャズ・ライヴ・バー「スイートレイン」オーナー)

【14】

エラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロング『エラ&ルイ』

エラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロング『エラ&ルイ』(Verve)1956年

〝女王〟エラと〝キング〟サッチモの共演。太ったオバサンとオヤジ顔のふたりが並んだだけでもうジャズだが、ここにはジャズ歌のすべてがある。これ聴いて幸せな気分にならない人はいまい。

池上信次(ジャズ本編集者)

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。