小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あなたにだけ、めちゃくちゃ厳しい上司の本音

2016.12.24

■不満や劣等感をもっている

 厳しすぎるほどに叱る上司は、あなたを見せしめにしている可能性もある。「俺に逆らうと、こいつみたいになるぞ!」とほかの部下に脅しをかけているのだ。つまりは、自分の権威を守るための道具に使われている。

言い換えると、このタイプの上司は、同世代の中で出世が遅れていたり、私生活で問題を抱えていて、強い不満や劣等感をもっている可能性がある。それらを晴らすために、自分を大きく見せようとする。そのいけにえになるのが、あなたなのだ。

■育てた経験がない

 部下をあるベルのところまで育て上げた経験がないことも考えられうる。多くの上司が、「部下を育成した(している)」と思い込んでいるようだが、そこまで言い切れるのかは、うたがわしい。「育成した」と思っていても、ほかの人から見ると、そこまで言えない場合は多々ある。部下を育成した経験に乏しい上司は自信がないがゆえに、弱々しい部下をみつけ、厳しくする。そして、威厳を保とうとすることもある。

■権限をもっていない

 上司とはいえ、実は、たいした権限をもっていない可能性はある。そんなとき、自分はふがいない、と思うことがある。みじめな自分を受け入れることができないから、反撃をしない部下を選び、厳しくする。権限をきちんともっていて、部署を動かしている演出をしたいのだろう。自信がない、哀れな上司ともいえる。

 部下にめちゃくちゃ厳しい上司とめぐりあったらどうするかー。その対応は難しいが、深入りはしないほうがいい。同じ土俵に上がらず、議論もしない。何かを言われても、相手にしない。

厳しさがエスカレートし、我慢ができないならば、皆の前で、「はあ?」「意味がわかりませんね~」ぐらいに言い返してみよう。ほかの部署に追い出しを受けるかもしれないが、厳しい対応はしなくなる可能性が高い。相変わらず続けてくるならば、より大きな声で言い返そう。こんな上司から、最低の人事評価をつけられたところで、怖くはない。

文/吉田典史

ジャーナリスト。主に経営・社会分野で記事や本を書く。近著に「会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ」(KADOKAWA/中経出版)。

■連載/あるあるビジネス処方箋


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。