小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最新のMotoGPマシンは効率の塊だった!?テクニカルパドックツアー潜入レポ

2016.11.12

■ピットで最新のMotoGPマシンをチェックする

 続けてモンスター・ヤマハ・テック3のピットを訪れた「青木宣篤・テクニカルパドックツアー」の一行。走行セッション合間の空き時間だったこともあって、ヤマハMotoGPマシンYZR-M1を間近にチェックできたり、気さくなスタッフの計らいによりマシンとの記念撮影も。

ヤマハのサテライトチーム、モンスター・ヤマハ・テック3のピットに入れるのも、「青木宣篤・テクニカルパドックツアー」ならでは
ヤマハのサテライトチーム、モンスター・ヤマハ・テック3のピットに入れるのも、「青木宣篤・テクニカルパドックツアー」ならでは

 さらに走行セッション中のチーム・スズキ・エクスターのピットを訪問。パーティション越しとはいえ、通常では決して入ることのできない走行セッション中のピットの張り詰めた空気を楽しんだ。

ファクトリーチームのピットに、走行セッション中に一般人が立ち入ることなど、通常ではあり得ない体験
ファクトリーチームのピットに、走行セッション中に一般人が立ち入ることなど、通常ではあり得ない体験

■レギュレーション変更の裏側をミシュランで知る

 夕方には、ミシュランのサービスブースでMotoGPタイヤについてのレクチャーも行われた。ミシュランは今年からMotoGPマシン用のタイヤを1社供給している。「レースの現場で技術力を磨き上げることと、ミシュラン・ブランドのスポーツイメージを向上させる狙い」と、テクニカルディレクターのニコラ・グベールさん。

流ちょうな日本語で説明してくれる、ニコラさん。青木さんとあうんの呼吸でトークが盛り上がる
流ちょうな日本語で説明してくれる、ニコラさん。青木さんとあうんの呼吸でトークが盛り上がる

 昨年までMotoGPマシン用タイヤはブリヂストンが1社供給しており、リム径(タイヤの内径)は16.5インチだった。今年、ミシュランにスイッチすると同時に、17インチに変更された。このわずか0.5インチ、約1.25センチのサイズ変更が、大きなフィーリングの変化を生み、MotoGPライダーを戸惑わせている。ミシュランが17インチへの変更を決めた理由は、「市販車用タイヤに技術的フィードバックをしやすいように」とニコラさんは言う。

走行後のバレンティーノ・ロッシのタイヤを間近で見る、そんなうれしいサプライズも!
走行後のバレンティーノ・ロッシのタイヤを間近で見る、そんなうれしいサプライズも!


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。