小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最新のMotoGPマシンは効率の塊だった!?テクニカルパドックツアー潜入レポ

2016.11.12

 かつてグランプリマシンの開発には莫大な開発資金が投じられ、さまざまな技術的なトライが積極的に行われていた。レース毎に新しいパーツが投入され、まさに日進月歩の進化が続いていた。だが現在のグランプリマシンは、数々の「足かせ」でがんじがらめになっている。「足かせ」とは、開発の行き過ぎに待ったをかけるテクニカルレギュレーション(マシン製作の際に従わなければならない規則)だ。

 例えば、タイヤはミシュランのワンメイク──1社供給である。かつてはダンロップvsミシュラン、ブリヂストンvsミシュランなど、タイヤメーカー同士の開発競争が激しい火花を散らしていた。そしてモータースポーツの場合、メーカー間の開発競争の激化はコスト高騰を招く。これを抑えるために、1社供給としているのだ。

 その結果、レーシングタイヤの命とも言えるグリップ力は、メーカー間の競争があった時代のように、高まり続けているわけではない。もちろんライダーの要求に合わせて進歩はしているものの、言わば「自分との戦い」。外にライバルがいる競争ほどの苛烈さはない。

 エンジンも、1シーズンで使用できる基数が7基に決められているから、パワーと耐久性を備えなければならない。さらにシーズン中の開発は凍結。レーシングマシンの頭脳とも言えるコンピュータ、ECU(エンジン・コントロール・ユニット)は、ハードウエア、ソフトウエアともにワンメイク化されている。これも開発費を抑えるためだ。

 高度化を極めている最新MotoGPマシンは、何をするにも莫大なコストがかかるのだ。価格をつけるとすれば1台あたり4億円とも5億円とも言われ、メーカーにとっては大きな負担だ。それゆえメーカーが参戦を取りやめたり、参戦台数が減少してしまうことを憂慮し、さまざまな開発コスト抑制策が施されているというわけだ。

 また、エンジンには燃費という足かせもある。天井知らずのパワーアップを防ぐために燃料タンク容量が22Lに制限されており、おおよそ6km/L前後という(レーシングマシンとしてはかなりの)低燃費を達成しなければならない。まさにがんじがらめである。

 技術的に相当ハイレベル化し、熟成を極めているMotoGPマシン。簡単に言えば、「やるべきことをやり尽くした」状況だ。かつてのように「斬新なアイデアで一発逆転」といった新機軸はほとんど望むべくもなく、各メーカー間でほんのわずかな差を競い合っている状態である。

 あるメーカーの開発者は「重箱の隅を箸でつつくどころか、針でつつくようなもの」と言い、別の開発者は「ネタ探しに苦労している」などと表現した。豪快なライディングのイメージとは裏腹に、実にシビアな世界なのだ。

 しかし、厳しい足かせがはめられていても、レースはレース。あくまでも競い合いだ。ライバルより1秒でも先にチェッカーフラッグを受けたい。だから、無駄という無駄を徹底的に省き、効率を徹底的に追求するのが最新MotoGPマシンのトレンドだ。そして「そのひとつが、フリクションロスの低減」と青木さんは説明する。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。