小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最新のMotoGPマシンは効率の塊だった!?テクニカルパドックツアー潜入レポ

2016.11.12

■冷却水ゼロのマシンを表彰台に立たせる驚異の性能

 フリクションロスとは、摩擦抵抗によりエンジンパワーを食われてしまうことだ。バイクには動く部品、いわゆるムービングパーツが多用されている。ムービングパーツは単独で動くことはなく、必ず別のパーツと噛み合っていたり、擦れ合っていたりする。そういった部分の摩擦抵抗によって、今や貴重なエンジンパワーを損失してしまうのだ。

 約20名が参加した「青木宣篤・テクニカルパドックツアー」。ツインリンクもてぎのモチュール・ブースでは、摩擦抵抗低減の一策であるモチュール製エンジンオイルが紹介された。「自分のバイク──ハヤブサにモチュール300Vを入れて、分かったことがあるんです」と青木さん。「僕は今までいろんなオイルを使ってきました。パワーを出してくれるオイル。ミッションのタッチがいいオイル。ピストンの動きがいいオイル。オイルにはいろいろあるけれど、結局どのオイルもモチュールをめざしてるんだな、と」

モチュール「300v FACTORY LINE ROAD RACING 15W50」
モチュール『300v FACTORY LINE ROAD RACING 15W50』4ストロークエンジン・バイク用。100%化学合成。1L(参考実勢価格2650円前後〜)

 植物油脂から100%化学合成された「エステル」をベースとしているモチュール300Vは、鉱物油ベースのオイルとは組成からしてまったく異なる。低粘度(言葉通り、粘りけが少ないこと)でありながら、潤滑性、耐摩耗性、ギア保護性能が高く、エンジンオイルとしては理想的な性能を発揮する。馬力向上まで見込めるというから、厳しい足かせをはめられているMotoGPには持ってこいだ。そして、青木さんが開発ライダーを務めるスズキのMotoGPマシンGSX-RRや、ヤマハ・テック3が走らせるYZR-M1には、モチュールのエンジンオイル300Vが使われている(「各チームによりブレンドなどは独自」とのこと)。

 青木さんがこんな裏話を聞かせてくれた。「スズキのマーベリック・ビニャーレス選手が3位表彰台に立ったフランスグランプリですが、実は先行車の跳ね石でラジエターに穴が空いていた。残り10周で冷却水は空っぽ……。想像するだけでも恐ろしいことですよね。それでも最後までしっかり保ったのは、モチュールのオイルのおかげ」。

 摩擦抵抗を減らすために低粘度でありながら、冷却水なしでもレーシング走行を支えるほどの信頼性を発揮したモチュールのエンジンオイル。最新グランプリマシンの効率を支えるモチュール300Vは、レースのみならず、公道を走る市販バイク用としても一般に販売されている。

モチュールアジアパシフィックの新井活矢さんも、オイルの裏話を楽しく説明してくれた
モチュールアジアパシフィックの新井活矢さんも、オイルの裏話を楽しく説明してくれた


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。