人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.09.23

「プロフェッショナル」と聞いて思い浮かぶ職業は?

 ビジネスパーソンたちにとってプロフェッショナルとはどのような存在なのだろうか? 高度な専門性をもつ仕事に携わる人か? はたまた、高いスキルをもっている人か? あるいは、そこから生み出されるアウトプットの質の高い人のことを指すのか? ソニー生命保険が昨年、全国の2059歳の男女ビジネスパーソン(アルバイト・パートを除く)に対して行なった「プロフェッショナルに関する調査」(1000名の有効サンプル)でユニークな結果が明らかになった。

プロフェッショナルに関する調査

ビジネスパーソンたちがプロフェッショナルとはどのような存在だと考えているのかを探るべく、全国の2059歳の男女ビジネスパーソン(アルバイト・パートを除く)1000名(全回答者)に、自身が思うプロフェッショナルのイメージとはどのようなものか聞いたところ、最も多く挙げられたのは、「高い専門性を持っている」(56.6%)だった。

 以下、上位10位には、「仕事を遂行するためのスキルレベルが高い」(49.6%)、「その人にしかできない仕事をしている」(48.5%)、「すべての仕事のクオリティが高い」(41.0%)、「適切な判断を行う能力がある」(34.0%)といった仕事の能力の高さ・独自性に関する項目が入った。高度な専門性やスキルと、そこから生み出されるアウトプットの質の高さは、ビジネスパーソンが考えるプロフェッショナルの条件と言えそうだ。また、「自身の仕事に誇りを持っている」(40.6%)、「信念・厳しさを持って仕事に取り組み、安易に妥協しない」(39.3%)、「常に自己研鑽を続けている」(35.0%)、「常に情熱を持って仕事に取り組んでいる」(32.9%)といった仕事に対する真摯さに関する点も上位項目となった。能力だけでなく、仕事に取り組む姿勢も、プロフェッショナルという存在には重要な要素と考えられているようだ。

hit-1407826_960_720

プロフェッショナルと聞いて思い浮かぶ職業、1位「野球選手」、2位「医師」、3位「パイロット」。4割が「板前・寿司職人」、3割弱が「システムエンジニア」、2割が「漫画家」をイメージ

プロフェッショナルに関する調査

 プロフェッショナルのイメージに合致するのは、どのような職業なのか。全回答者(1000名)に、プロフェッショナルと聞いて、どのような職業を思い浮かべるか聞いたところ、最も回答が多かったのは、「野球選手」(42.8%)で、以下、「医師」(42.2%)、「パイロット」(40.1%)、「板前・寿司職人」(39.9%)、「救命救急士」(37.9%)が続き、資格が必要になるような専門職や、職人、医療関係の職業が上位5項目となった。

 また、3割弱が「システムエンジニア」(27.9%)、「ミュージシャン・芸能人」(27.3%)、2割半が「デザイナー」(25.8%)、2割が「漫画家」(19.8%)を挙げており、クリエイティブな職業を思い浮かべるという人もみられた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ