小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホより圧倒的に使いやすい!ポータブルカーナビ『Gorilla CN-G1000VD』徹底検証

2016.08.30

■カーナビの生命線、地図データは常に「最新」でいられる

 地図データの視認性も良く、操作はタッチパネルを採用し、しかもレスポンスもいい。ドライブを終えると、走行時のアイドリング時の長さ、急発進や急加速などのデータから試算するエコ度もわかる。ドライブをゲーム感覚で楽しむことも可能だ。またエンジンを切り、アイドリングなどで震えるわずかな振動なくなると、自動的にスタンバイモードに。またエンジンをスタートさせると、すぐに再起動するなど、芸が細かい。

エコ運転の制度がわかる「ecoドライブ情報」。
エコ運転の制度がわかる「ecoドライブ情報」。『Gorilla』シリーズの特徴のひとつ。

 先にも記したが、据置型のナビと比べ、引けを取らないデキだ。また地図データの更新についても今後3年間無料で更新ができるのだという。地図データの鮮度はカーナビの生命線と言って良い。どれほど高精度なカーナビでも、地図データが古ければ、意味をなさない。時に都心近郊は有料道路も今後の開通予定が目白押しだ。

 さて、先の知人にとっても良い選択になると思う。据置型のカーナビはAV機能も備えた物が多い。現状のオーディオ機能は活かしつつ、不満だったナビを最新モデルに代替できる。しかもポータブルカーナビだから、着脱も容易。つまり、内装はオリジナルを維持できるのだ。数年後、仮に愛車を買い換えることになったとしても、『Gorilla CN-G1000VD』を別のクルマで使用したり、新たな愛車にそのまま使うなど選択肢は増えるのだから。

■関連情報
http://panasonic.jp/car/navi/products/G1000/

文/中沢雄二


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。