小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホより圧倒的に使いやすい!ポータブルカーナビ『Gorilla CN-G1000VD』徹底検証

2016.08.30

■自車位置精度を高めた、2大要素

 電源を入れると、画面に「Gorilla」のロゴマークが表示されナビが表示され地図画面へ。この時点ですぐさま自車位置が正確に表示された。「カーナビだもの、当たりまえでしょ」と思う方もいるかもしれない。その通りなのだが、それでも電源を入れた直後に自車位置を正確に表示するポータブルカーナビは、かなり優秀と言っていいだろう。

 据え付け型のカーナビは、GPS以外、車速やハンドルの角度などのデータから演算し、自車位置を割り出していた。しかもそのクルマにとって最適化を図っているので、地図データが最新であればズレることはほとんどない。その点、ポータブルカーナビは、GPSのみで自車位置を割り出す。

『Gorilla CN-G1000VD』は、従来のように米国のGPSに加え、日本の真上に位置する国産の準天頂衛星システム「みちびき」、そしてロシアの衛星「グロナス」にも対応。対応する衛星の数が増えたことで、高層ビルや樹木など、多少の障害があっても、より正確、しかも素早く自車位置を表示することが可能だ。

 さらに驚いたのが、地下道やトンネルなど、GPSが受信できない場所を走行していても、ほぼ、正確に表示する点だ。実際に、都心のビル群や立体交差、首都高の海底トンネルを走ってみたが、自車位置は常に正確だった。ちょっと不思議に思えるほどだ。

 これは『Gorilla CN-G1000VD』に内蔵されたセンサー「Gジャイロ」によるものだ。「Gジャイロ」は上下、左右、そして加速度を感知する。直進か右左折か、坂を登っているのか下っているのか、または高速道路か一般道路かを識別できる。

 しかしこの性能には残念ながら限界がある。約20kmにもわたる首都高の山手トンネルでは、当初は正確に表示していたが、途中、渋滞で停止したあとは、ナビ画面の表示は止まったまま。しかし、地上に出た途端に再度現在地が正確に表示された。表示までに1秒もかかっただろうか、と思ったほどだ。

GPS電波を受信できないトンネル内も正確に表示。
GPS電波を受信できないトンネル内も正確に表示。しかし、渋滞にはまったり、長距離のトンネルなどをそうこうしたりする場合は難しい。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。