小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

腕時計の電池交換にかかる料金の相場はどれくらい?

2024.02.21

製品によっても異なりますが、クォーツ式腕時計の電池は3~4年程度で交換が必要になることが多いといわれています。

電池が急に切れても焦らないように、どこで電池交換を依頼すればいいのか、料金はどれくらいなのかを事前に把握しておくと安心ですよね。

そこで、腕時計の電池交換ができる店舗や価格や、自分で電池交換できるのかどうかご説明します。

腕時計の機械式とクォーツ式の違い、説明できる?

スマートな腕時計が欲しい30代の男性と女性におすすめの時計ブランドは?

【100均セレクション】意外といいかも!税別100円から500円で買えるダイソーの腕時計6選

ズボラな人におすすめ!24日間も持続するバッテリー性能で安心して使えるXiaomiのスマートウォッチ「Watch S1」

腕時計の電池交換にかかる費用は? 人気チェーン店の価格を比較

腕時計の電池交換を修理対応の一つとして受け付けているメーカーもありますが、腕時計の販売店や修理専門店に依頼すると手軽なのでは? そこで、電池交換ができるチェーン店と、電池交換の料金をご紹介します。

腕時計の電池交換ができる店舗①「THE CLOCK HOUSE」

THE CLOCK HOUSEは、北海道から鹿児島まで全国に238店舗を展開する国内最大の時計専門店です。各メーカーの製品だけでなく、オリジナルウォッチの販売も行っています。

【参照】THE CLOCK HOUSE

電池交換にはレギュラーとハイグレードの2つの区分があります。

レギュラーは国産腕時計が対象で料金は1650円から、ハイグレードは舶来腕時計が対象で料金は2200円からとなっておりますが、一部のブランドでは電池交換を含む修理受付ができない場合もあるのでご注意ください。

いずれも3年間の電池容量保証が付き、電池交換と一緒にパッキンを交換すると、パッキン交換代が半額になるサービスも行っています。

【参考】THE CLOCK HOUSE

腕時計の電池交換ができる店舗②「ウォッチタウン」

北海道から鹿児島まで、全国に店舗を展開する時計チェーン「ウォッチタウン」は、時計修理技能士の資格を持ったスタッフが多く在籍。国産ブランドの時計を中心に取り揃えた、時計専門店で、時計販売のほか、時計の修理も行っています。

【参照】ウォッチタウン

電池交換の料金は店舗によって異なりますが、1650円からとなっています。

また、「電池・バンド交換ポイントカード」サービスがあり、電池交換1回につきスタンプが1個もらえて、スタンプが5個貯まると電池交換が1回無料になります。

【参考】ウォッチタウン

腕時計の電池交換ができる店舗③「ウォッチ・ホスピタル」

ウォッチ・ホスピタルは、時計修理の専門店です。都内4店舗あり、年間の修理件数は2万件を超え、日本全国集荷対応のWeb修理受付も行っています。

【参照】ウォッチ・ホスピタル

電池交換の料金は国内メーカー、海外メーカーのほか、専用工具使用モデルや超高級ブランドなどの料金区分があります。それぞれの料金は以下のとおりです。

・国内メーカー…1100円から

・海外メーカー…2200円から

・専用工具使用モデル…4400円から

・ガラスを外すモデル…5500円から

・超高級ブランド(パテック、ヴァシュロン、AP、ジャガー・ルクルト レベルソ)…5500円から

・内部を真空状態にするモデル…1万1000円から

【参考】ウォッチ・ホスピタル

腕時計の電池交換は家電量販店でもできる?

ここまで紹介した時計専門店以外にも、家電量販店の時計修理取扱店舗なら、腕時計の電池交換を行えるケースがあります。

店舗によりサービスや料金が異なる場合もあり、また、電池交換自体を行っていない店舗もあるので、来店前に電池交換を行っているかどうか問い合わせておくといいでしょう。

【参照】時計の電池交換|ビックカメラ

【参照】時計修理・バンド調整なども承っております|マルチメディアさいたま新都心駅前のニュース一覧・ヨドバシカメラ

腕時計の電池交換は自分でもできる?

腕時計の電池交換を自分で作業することは可能です。しかし、腕時計の構造などによって難易度が異なるため、交換が難しい場合もあります。

比較的簡単に交換できるのは、防水性のない腕時計です。逆に、防水性能が高い腕時計は電池交換の難易度が高いので、専門家に依頼した方が安全です。

また、自分で電池交換するとメーカー保証の対象外になることもありますのでご注意ください。

自分で電池交換をした腕時計が動かない時は……

前述の通り、自分で電池交換をする場合、何らかのトラブルが発生して腕時計が動かなくなったとしても、メーカーの保証が受けられなくなってしまう場合が多いです。

電池交換を自分で行いトラブルが発生した場合は、メーカーか時計専門店などで有償修理を受けることになります。

早めに電池交換をして腕時計を長持ちさせよう

腕時計の電池が切れてしまった場合、長期間放置すると電池が劣化して液漏れを起こし、故障の原因となることがあります。

腕時計を長く愛用するためにも、電池が切れたら早めに交換したいもの。電池が切れた時にどの店舗に電池交換を依頼するか、あらかじめ検討してみてはいかがでしょうか。

※データは2024年1月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。