小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

知ってる?Excel上の文字を丸で囲む3つの方法

2024.01.08

Excelで変換では出せない囲い文字を作成する方法について解説する。

囲い文字を使うとアクセントが加えられ、読みやすくなる。

Excelは表計算ソフトであるため、Wordに比べ実装されている囲い文字機能もExcelにはない。しかし、Excelでは簡単に囲い文字を作成することができる。

本記事ではその方法について解説する。

Excelの図形機能で文字を丸で囲む方法

まず、Excelで図形を使って文字を丸で囲む方法を解説する。この方法を使うと、どのようなものでも丸で囲むことが可能だ。丸の大きさや色や形も、自由に変更可能でアレンジしやすいが、文字にピッタリ合わせるのに少し手間がかかる。

①【挿入】タブの「図形」をクリック

②表示された一覧の[基本図形]から「楕円」を選択

楕円を選択

③Excelのファイル上に「+」のマークが表示されるので、好きな場所でドラッグして円を作成する。最後にサイズや位置を調整するので、ここでは適当なサイズで作成すればよい(Shiftキーを押しながらドラッグすると、正円が作成できる。大きさを調整する際も、Shiftキーを押して正円が崩れないように)。

円を挿入

④図形を選択して、カーソルをおいて右クリックし、表示されたメニューの「塗りつぶし」をクリック

⑤表示された一覧から「塗りつぶしなし」をクリック

⑥下の図のように塗りつぶしが無くなり、円の枠線だけになる。

塗りつぶしなし

⑦次に図形を右クリックした状態で、メニューの「枠線」をクリック

⑧[テーマの色]より好みの色を選択、(ここでは「黒」を選択)

円の色

⑨最後に丸で囲みたい文字のところに図形を持っていき、サイズや位置を微調整する。

円のサイズ

⑩以下の図のように文字を丸で囲むことができる。

文字と円を重ねる

丸付き文字を活用する方法

図形を使う方法はどんな文字でも丸付き文字にすることができるため大変便利である。しかし、少し作成に手間がかかるため、すでに丸付き文字を活用すると便利である。

  1. 変換で丸付き文字を入力する方法
  2. 一覧から挿入する方法

1.変換で丸付き文字を入力する方法

①丸付き文字で表示したい文字をセルに入力し、文字変換する(ここでは「かぶ」と入力)

②丸付きの文字を選択する(ここでは「㊑」を選択)

文字変換

③以下のように丸付き文字が簡単に表示できる。

丸付き文字

その他にもよく使う丸付き文字である数字や、「まる秘」等も変換で入力することができる。

2.一覧から挿入する方法

文字変換で入力できる丸で囲まれた文字を一覧で確認することができ、それを選択することで入力が可能となっている。

①Windows画面のタスクバー(右下)にある「IMEのオプション」(「あ」や「A」が表示されているところ)を右クリック

②表示されたメニューから「IMFパッド」を選択

IMFパッド

③「IMEパッド」が表示されたら文字一覧をクリック

文字一覧

④[文字カテゴリ]からスクロールして「囲み英数字」を選部と右画面に囲み文字が表示される。

●囲み英数字

⑤文字を入力したいセルを選択し、IMEパッドの右画面から使用したい文字を選んで左クリックする。(ここでは①をクリック)

⑥Excelのセルに選択した文字が入力される。

丸付き文字選択

オブジェクトを挿入する方法

Excelには文字を丸で囲む機能がないので、Wordの機能を利用して囲み文字を作る方法について以下に解説する。

①丸出囲んだ文字を入力したいセルを選択

②【挿入】タブより「テキスト」をクリック

③表示されたメニューから「オブジェクト」をクリック

オブジェクト

④[オブジェクトの挿入」ダイアログボックスが表示されたら、一覧から「Microsoft Word Document」を選択。OKボタンを押しましょう。

⑤「OK」をクリック

Microsoft Word Document

⑥Excel上にWordのリボンが表示されたら、囲みたい文字を入力してドラッグし、選択状態にする。

選択状態

⑦【ホーム】タブの[フォント]セクションにある「囲い文字」を左クリック

囲い文字

⑧[囲い文字]ダイアログボックスが表示されたら、スタイルでは「文字のサイズを合わせる」を選択

⑨囲みでは「〇」を選択

⑩[OK」ボタンをクリック

文字のサイズを合わせる

⑪下の図のように丸囲み文字が入力される。画面のオブジェクト以外の場所をクリックすると、Wordのリボンが消えてExcelのリボンに戻る。

丸囲み文字

⑫最後にセル周りの枠を消して背景を透明にするためにオブジェクトの部分を右クリック

⑬メニューが表示されたら「オブジェクトの書式設定(F)」を選択

塗りつぶしの色は「塗りつぶしなし」、線の色は「線なし」を選択してOKボタンを押す。

オブジェクトの書式設定

⑭[オブジェクトの書式設定]ダイアログボックスが表示されたら【色と線】タブの塗りつぶしの色で「塗りつぶしなし」を選択

⑮線の色は「線なし」を選択

⑯「OK」をクリック

塗りつぶしなし

下の図のようにExcelのセルの状態に戻り、丸囲み文字が完成する。

丸囲み文字

文字を丸で囲む時のトラブル対処法

図形を使って文字を丸で囲むと、プリンターで印刷した時にずれてしまい、うまく文字が囲まれていないときがある。これは丸に限らず一般的な図形を使用した時にも起こる現象であるが、このような時の解決方法について以下に解説する。

①図形を右クリック

②表示されたメニューの「図形の書式設定」を選択

トラブル対処法

③右側に設定画面が表示されたら「サイズとプロパティ」をクリック

④「プロパティ」のプルダウンをクリック

⑤「セルに合わせて移動やサイズ変更をしない」をチェック

サイズとプロパティ

以上の操作で図形がずれる現象が解決されることがあるためお試しいただきたい。

まとめ

本記事ではExcelで文字を丸で囲む方法について解説した。

Excelは表計算だけではなく、様々なビジネスシーンに使われるので、本記事で紹介した方法をぜひお使いいただき、読みやすいファイルの作成にご活用いただきたい。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。