小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Excelで今日の日付を一瞬で自動入力する方法

2023.12.28

Excelに今日の日付を入力することはよくある作業であるが、毎回キーボードで入力しなくても簡単に自動的に入力する方法がある。

本記事ではエクセルで今日の日付を自動的に入力する方法について解説する。

ショートカットキーで今日の日付を一瞬で入力する方法

ショートカットキーを使えば、簡単に今日の日付を入力することができる。

①今日の日付を入力したいセルを選択

②[Ctrl]+[;(セミコロン)]キーを押す

➂下の図のように今日の日付を一瞬で入力できる

参考に今の時刻を入力したい場合は以下の手順で行う。

①今の時刻を入力したいセルを選択

②[Ctrl]+[:(コロン)]キーを押す

➂下の図のように今の時間を一瞬で入力できる

[Ctrl]+[;]キーは日付、[Ctrl]+[:]キーは時刻と、セットにして覚えておくと便利である。

また、これらのショートカットで入力された「今日の日付」と「今の時刻」は、自動的に更新されないので注意が必要である。

TODAY関数で今日の日付を入力する方法

今日の日付は関数で入力することもできる。以下にその手順を解説する。また、日付の表示形式を変更する方法についても解説する。

 1.TODAY関数で今日の日付を入力する

 2.日付の表示形式を変更する

1.TODAY関数で今日の日付を入力する

①今日の日付を入力するセルを選択し、「=TODAY()」と入力

②[Enter]キーを押すと以下のように今日の日付が表示される。

2.日付の表示形式を変更する

①日付が入力されているセルを選択

②【ホーム】タブの数値セクションの右下にある矢印「表示形式」をクリック

➂セルの書式設定ダイアログボックスが表示されたら【表示形式】タブの[分類]から「日付」をクリックし、[種類]から変更したい表示形式を選ぶ(ここでは2012年3月14日という形式を選択)

④「OK」をクリック

⑤下の図のように日付の表示形式が変更される

和暦に変更したい場合は以下の手順で行う

①日付が入力されているセルを選択

②【ホーム】タブの数値セクションの右下にある矢印「表示形式」をクリック

➂セルの書式設定ダイアログボックスが表示されたら【表示形式】タブの[分類]から「日付」を選択し[カレンダーの種類]から「和暦」を選択

④[種類]から変更したい表示形式を選ぶ(ここでは平成24年3月14日という表示形式を選択)

⑤「OK」をクリック

⑥下の図のように和暦で日付けが表示される

TODAY関数で入力した今日の日付を固定する方法

TODAY関数は今日の日付を自動で入力できる便利な関数であるが、ファイルを開くたびにその日の日付で更新されてしまうため、請求書ファイル等を作成する際にいつ処理したものか分からなくなってしまうというデメリットもある。「処理が終わったものについては、今日の日付ではなく処理した日でずっと固定したい」という場合はTODAY関数で入力された日付を固定することができる。ここではその方法について解説する。

①TODAY関数が入力されているセルを選択(数式バーには「₌TODAY()」と表示される)

②TODAY関数が入力されているセルを選択している状態で「F2」キーを押すか、またはマウスのダブルクリックをしてセルを編集可能な状態にする。セルが編集モードになると、その内容が日付から「=TODAY()」というように実際に入力されている内容に変わる。

➂編集モードの状態で「F9」キーを押すと、TODAY関数が入力されているセルが下の図のように日付のシリアル値の数字に変更される。

④「Enter」キーを押して入力を確定すると、シリアル値が日付に変更される。TODAY関数からセルへ直接日付を入力した状態に変わるため、日付が固定される。数式バーを確認してみると、下の図のようにTODAY関数ではなく日付が入力されている。

これで、TODAY関数が入力されているセルの日付を今日の日付で固定する事ができる。

TODAY関数の日付を固定する場合は、必ずセルを編集モード(「F2」キーまたはダブルクリック)にしてから行う必要がある。ただ選択した状態で「F9」キーを押してもセル内の日付は変更されないため注意が必要である。

まとめ

本記事ではExcelで今日の日付を自動的に入力する方法について解説した。

以下にその手順についてまとめる。

■ショートカットキーで今日の日付を一瞬で入力する方法

今日の日付を入力したいセルを選択→[Ctrl]+[;(セミコロン)]キーを押す

■TODAY関数で今日の日付を入力する方法

今日の日付を入力するセルを選択し、「=TODAY()」と入力→[Enter]キーを押す

■日付の表示形式を変更する方法

日付が入力されているセルを選択→【ホーム】タブの数値セクションの右下にある矢印「表示形式」をクリック→セルの書式設定ダイアログボックス【表示形式】タブ[分類]から「日付」をクリック[種類]から変更したい表示形式を選ぶ→「OK」

TODAY関数で入力した日付はファイルを開くたびにその日の日付に更新されるため、請求書など、処理した日を固定したい場合は注意が必要である。その場合は本記事で紹介した日付を固定する方法をご活用いただきたい。

■TODAY関数で入力した日付を固定する方法

TODAY関数が入力されているセルを選択→「F2」キーを押すか、またはマウスのダブルクリック→編集モードの状態で「F9」キーを押す→「Enter」

いずれも簡単な操作で入力でき、日々の書類作成業務において便利で使用頻度も高いため、ぜひご活用いただきたい。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。