小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「秋のヘッドフォン祭2023」で発見!Austrian Audio、Layfic Tone、FitEar、Final、話題のヘッドホン&イヤホン大集合

2023.11.24

Music with 規格外はBluetoothに注目中

ヘッドホン祭に欠かせないユーザーグループが「Music with 規格外」である。ここにはレトロなポータブルCDプレーヤーやヘッドホンが展示され、そのほとんどが試聴可能である。さらに高度な技術で自作されたユニークなポータブル機器が集まってくる。ヘッドホンの中でレアだったのが4ch対応モデル。片chの前後にドライバーがあり4箇所から音楽が流れる。試聴したのは「OPTONICA HP-500」で耳元でスピーカーが鳴っているような不思議な音場感が醸し出された。実用的で完成度が高かったのが、Bluetoothを使ったワイヤレスヘッドホンアンプ。バランス接続対応でスマホの音源を飛ばして有線イヤホンで聞ける製品。今回はAstell&Kernからも登場して人気上昇中のジャンルなのだ。

やすしさんが作ったのはYAMAHAのYDA142というデジタルオーディオパワーアンプICに惚れ込んで、その音を聞くために設計したのが、ワイヤレスアンプ「YA-YMH142」である。4.4mmのバランス接続対応なので早速、聴かせてもらった。ヤマハらしい柔らかい音色で想像以上にきちんとした音だった。tueksさんが作った「BT-02」も非常に美しい。高品質な金属皮膜抵抗を採用して、入出力カップリングコンデンサーを排除することで音質が向上したという。そして、HAL900さんが作った、推しのVTuber りあちゃんのオリジナルヘッドホンの完全再現。3Dプリンターのオリジナル部品と他のヘッドホンの部品を組み合わせて完成させている。苦労した点はピンク色の部材が存在しないことで、特に白いケーブルを樹脂用の染料でピンク色に染めるのが大変だったという。

レトロとカオスを感じさせる「Music with 規格外」のブース

ステレオ4chが流行した時代に生まれた「OPTONICA HP-500」

音も製品の仕上げも完成度の高い「YA-YMH142」

こだわりのパーツを搭載した「BT-02」

VTuber りあちゃんの3D画像を参考に実体化されたヘッドホン

ピンクの部材がないため着色や染色を駆使して再現したという

特に苦労したというピンクのケーブルと端子部分

「秋のヘッドフォン祭2023」で発見!価格も性能も驚きの国産ハイエンドヘッドホンアンプ4選

連載/ゴン川野のPC Audio Lab ヘッドフォンアンプ国産ハイエンドが勢ぞろい 中野サンプラザから、ステーションコンファレンス東京へと会場を移した「秋のヘ...

写真・文/ゴン川野

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年4月16日(火) 発売

DIME最新号は「名探偵コナン」特集!進化を続ける人気作品の魅力、制作の舞台裏まで徹底取材!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。