小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

3年半ぶりに直行便が再開するオーストラリア第4の都市パースの魅力

2023.10.29

「EverNow」のイベントと夜景

このキングスパークで特にオススメしたいのが、これから数年は毎年9月に行われるという「EverNow」というイベントだ。このイベントはパースに住む先住民アボリジナル(かつての「アボリジニ」という呼称は差別的とのことで使われなくなっている)の「ヌガー族」による春の訪れを祝う祭りを、光や炎を使って現代的に、かつ大胆にアレンジしたものだ。

初開催となった今年の「EverNow」では3つのメインイベントが行われた。その一つがこのキングスパークで開催される「Boorna Waanginy:The Trees Speak」(木々のささやき)だ。

約1.4キロの周遊コースで、光と音楽とナレーションを使った様々なインスタレーション(作品を「見せる」だけでなく、場所や空間を総合的に「体験させる」美術作品の展示方法)が楽しめる。表現されるのはアボリジナルたちの何万年にもわたる土地の物語や西オーストラリア州の豊かな自然だ。

並木道の木々と梢を利用したインスタレーション。壁面などの平面ではない場所でのプロジェクションマッピングだが、それが逆に動物たちが忍びだす様子などをリアルに再現していた。

遊歩道脇からの夜景も見事。

間接照明で浮かび上がる戦争記念碑とその向こうの夜景。

池を利用したインスタレーションでは心が鎮まっていく。

「EverNow」の他の2つのメインイベントは市の中心部で開催される。その1つが州の最高裁判所前広場で行われる「Song Circle」(歌の輪)。音楽に合わせて様々な色の光を当てることでアボリジナルのダンスをより現代的なパフォーマンスにしたものだ。

先住民の文化や芸能を人々に見せる方法として、「伝統を重んじてできるだけそのままの形で」というやり方ももちろんある。

だが「より現代的にアレンジすることで、先住民の文化や芸能に興味がない人たちも魅了する」という考え方もあってもいい。パフォーマンスを見ながら自然に涙が流れていた筆者は、そんなふうに感じた。

「Song Circle」はアボリジナルのダンスの「見せ方進化系」だ。

「EverNow」のもう一つのメインイベントは最高裁判所前広場と並ぶ総督邸前広場で行われる「Fire Gardens」(炎の庭)。その名の通り広場につくられた様々な炎のアートを楽しむものだ。

炎のアーチに誘われ、幻想的な夜へ。

サッカーグラウンドくらいの広場がロマンティックな空間に。

パースがより特別なパースになるこの時期をみなさんもぜひ楽しんでほしい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。