小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

3年半ぶりに直行便が再開するオーストラリア第4の都市パースの魅力

2023.10.29

オーストラリア南西部の都市で西オーストラリア州の州都でもあるパース。都市圏人口は220万人を超えるオーストラリア第4の都市だ。

このパースへの東京(成田)からの直行便が、2023年10月29日全日空により再開される。コロナが世界的に広まり始めた2020年3月以来なので約3年半以上ぶりの運航だ。現時点では日本とパースを結ぶ唯一の直行便となる。

東京発便の所要時間は約10時間、パース発は約9時間半。これまではシンガポールや香港、またはシドニー、メルボルン、ブリスベンといったオーストラリア大陸東側東海岸での乗り継ぎが必要だったので、大幅な時間短縮となる。

そこで「身近」になるパースの魅力を紹介したい。

キングスパークからの絶景と散策

パースを訪れたらぜひ足を運んでほしいのが「キングスパーク」。街の中心部にあるパース駅から展望台まで約2.2キロメートル、徒歩でも約30分。小高い丘に広がる公園だ。

ここの展望台からはパース市街とその横を流れるスワン川が一望できる。ここからの景色を見ただけでバースに恋する人も多いだろう。

キングスバークでぜひ楽しんでほしいのが「ロッタリーウェスト・フェデレーション・ウォークウェイ」などからなる遊歩道。約2.5キロメートル、45分の周回路だ。

最大の見どころは途中にあるいくつかの連続した高架橋(全長220メートル、最大地上高16メートル!)。パース市街地とスワン川のみならず、「鳥の目線」からの森も楽しめる。

こうした高架橋はオーストラリア国内にはいくつかあるが、そのほとんどは都市部から車で数十分は離れたところ。ここまで近い場所で楽しめるのは珍しい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。