小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

回収業者に聞く、コロナ禍でお世話になった飛沫防止パーテーションの行方

2023.05.24

今年5月、新型コロナウイルスの感染症法上の分類が季節性インフルエンザ同様「5類」に引き下げられた。これにより、感染症法に基づく、新型コロナ陽性者及び濃厚接触者の外出自粛は求められなくなるなど、約3年にわたる窮屈な日々から解放され、穏やかな日常が少しずつ戻ってくることだろう。

参考
https://www.mhlw.go.jp/stf/corona5rui.html

それはそれで嬉しいのだが、ここにきて、アレが気になって仕方ない。

どこに行っても目にしていた、アレだ。

そう、透明な仕切り板として日本中に氾濫していたパーテーション、アクリル板。すでに撤去しているお店や施設も多いが、あのパーテーションは今後、どこへ行ってしまうのだろうか?調べてみると、色々わかってきた。

法律に基づきパーテーションの回収を行っている会社がある 

今年4月、プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律が施行され、パーテーションなどの自主回収・再資源化事業計画や再資源化事業計画認定を受けたのが、緑川化成工業株式会社だ。

この会社はプラスチック板、プラスチック加工品及びプラスチック関連商品などの販売、用途開発を手がけているのだが、資源循環を目的に不要になった飛沫防止板、飛沫感染防止パネル・パーテーションの回収・引取を行っているという。

参考
https://www.env.go.jp/press/press_01249.html
https://www.midorikawa.co.jp/contact/collect/contact.php

アクリル板、飛沫防止板の捨て方が分からない企業や処分に困っている飲食店にとって、これほど有難いことはない。しかも、パーテーションの種類や数量、状態などに応じて買取を行う場合もあるとのこと。廃棄に困っている方は是非チェックしてほしい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。