小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【Be ahead, Be creative!プロジェクト】ファッションインフルエンサー・高島涼さん〜「等身大のファッションを通じて伝えたいmade in Japanの素晴らしさ」【PR】

2022.09.27

〝3Dヘッド〟搭載のお風呂でも剃れる新型ラムダッシュ 3枚刃

パナソニック ラムダッシュ 3枚刃 ES-LT8B

パワーコントロール/ラムダッシュAI(※1)<センシング約216回/秒>
泡メイキングモード/搭載
ヘッド部/密着3Dヘッド、フロート刃機構
外刃/ステンレス刃物鋼3枚刃
内刃/30°鋭角ナノエッジ内刃
リニアモーター駆動/毎分約13,000ストローク
電源 /充電式 急速1時間充電
洗浄/全自動洗浄充電器、本体まるごと清潔水洗い(※2)、ウォータースルー洗浄
防水/IPX7基準検査をクリアしています(※3)
本体寸法/高さ16.8×幅7.2×奥行き5.2cm、約185g(キャップ除く)

※1 ヒゲの濃さや、シェーバーヘッド内部のヒゲクズによって、センサーが反応(駆動音の変化)しない場合がありますが、異常ではありません。
※2 全自動洗浄充電器、ACアダプターは除く。
※3 水深1メートルに30分間水に浸けても有害な影響を生じる量の水の浸入がない。

10年ぶりのフルモデルチェンジによって誕生した〝新3枚刃LTシリーズ〟。その特徴としては、まず毎分約13,000ストロークの高速リニアモーターを搭載。これが内刃をパワフルかつスピーディーに駆動させ、キャッチしたヒゲを逃さず剃りきっていく。

そして毎秒約216回の高精度なセンシング技術が投入されたラムダッシュAIも装備。これはラムダッシュ側でヒゲの濃さを検知して最適なパワーへと自動制御する機能で、肌に余分な負担をかけることなく、早剃りを実現する。

外刃は中央にトリマー刃、これを挟む形で深剃り刃を配した、ラムダッシュならではのこだわりの3枚刃システムを搭載。濃いめのヒゲも、しっかり深剃りしていく。

そんな3枚刃システムが採用されたヘッド部は、「前後」「左右」「上下」に可動する密着3Dヘッドを搭載。顔の凹凸に密着して深剃りしていく。ちなみに左右にはこれだけ可動する

洗顔剤やボディソープなどを使って、素早く手軽にシェービング用の泡が作れる泡メイキングモードも搭載。シャワーなどを浴びながらシェービングする際に便利な機能だ(※)。
※シェービング剤(フォーム除く)、スクラブ入りの洗顔剤、せっけんは、刃の目詰まりの原因になったり、泡が立たないので、使用しないでください。

これ1台で洗浄、乾燥、除菌、充電まで行なえる全自動洗浄充電器が付属。メンテナンスの手間を省き、毎日清潔に使える。

充電中でも剃れるラムダッシュ 3枚刃 ES-LT8Pも新たにラインアップ

お風呂でも剃れるES-LT8Bに対して、充電中でも剃れるラムダッシュ 3枚刃 ES-LT8Pも登場。高速リニアモーターやラムダッシュAI、3枚刃システムなど基本性能は共通なので、ご自分のシェービングスタイルで選んでいただきたい。

またラムダッシュ 3枚刃 ES-LT8B、ES-LT8P共にシェービングにフォーカスした、ムダを徹底的に排除するミニマルでコンパクトな新デザインを採用。そのマットなカラーリングやフォルムは、洗面所のインテリアとしても映えるはずだ。

ラムダッシュ 3枚刃 ES-LT8P

本体寸法/高さ16.8×幅7.2×奥行き5.2cm、約185g(キャップ除く)
・全自動洗浄充電器が付属

 

ラムダッシュ 3枚刃 商品ページはこちら
https://panasonic.jp/shaver/

高島涼さんInstagramはこちら
https://www.instagram.com/ryo__takashima/?hl=ja

 

動画/撮影:李 春成(owl)、編集:鈴木雄二郎(owl)
スチル/末安善之
構成/清水眞希


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。