小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

GoogleカレンダーとMacのカレンダーを同期する方法

2022.02.13

Googleカレンダーは、無料で作成できるGoogleアカウントに紐づいてスケジュールの管理ができるため、多くの人に愛用されています。

しかし、仕事やプライベートでMacシリーズを使用していると、MacのカレンダーとGoogleカレンダーが同期できたらいいのに……と感じる人もいるはず。

そこで、Macのデフォルトカレンダーアプリと、Googleカレンダーの同期方法や、Macのデスクトップ上にGoogleカレンダーのショートカットを作成する方法を紹介していきます。

GoogleカレンダーはMacのカレンダーと同期できる?

Macシリーズにプリインストールされているカレンダーアプリは、これから紹介する設定により、Googleカレンダーと同期できます。

特に、仕事の予定はMacのカレンダー、プライベートの予定はGoogleカレンダーといったように使い分けている人は、それぞれの確認が簡単になるので、ぜひ試してみてください。

MacにGoogleカレンダーをダウンロードできる?

残念ながら、執筆時点(2022年1月中旬)で、Googleカレンダーは、MacのApp storeにアプリがありません。

ただし、SafariやGoogle Chromeといったブラウザアプリから、Googleカレンダーにアクセス可能。以下URLから自分のGoogleアカウントにログインし、メールアドレス・パスワードを入力すると使えます。

【参照】Googleカレンダー

MacのカレンダーにGoogleカレンダーを同期する手順

続いて、MacのカレンダーにGoogleカレンダーを同期する方法を画像とともに紹介します。

1.「カレンダー」アプリを起動します。

2.上部タブから「カレンダー」をクリックし、「環境設定」に進みます。

3.「一般」画面が出てくるので、「アカウント」をタップ。

4.アカウントを開いたら、下部分の「+」をタップ。

5.カレンダーアカウントの選択から、「Google」を選択し、「続ける」をタップ。

6.別のウィンドウが立ち上がり、Googleのログイン画面に移行するので、メールアドレス、もしくは電話番号を入力。右下の「次へ」に進む。

7.続いて、Googleアカウントのパスワードを入力し、右下の「次へ」に進む。

8.Googleアカウントへアクセスするためのリクエストが届くので、内容を確認し、問題がなければ下部の「許可」をクリック。

MacのカレンダーにGoogleカレンダーを同期するとiPhoneのカレンダーアプリは共有される?

MacカレンダーにGoogleカレンダーを同期しても、同一のApple IDを使用しているiPhoneのカレンダーアプリに、Googleカレンダーの予定が表示されることはないようです。

上図のように、Macカレンダーの3月1日に登録している「テスト」の予定は、iPhoneのカレンダーには表示されませんでした。

Macのデスクトップ上にGoogleカレンダーのショートカットを配置すると便利!?

MacでGoogleカレンダーを使用する場合は、専用アプリが用意されていないので、ショートカットをデスクトップに配置するのがおすすめ。下図はMacOS Monterey 12.0.1を使用したものになります。

1. Safariブラウザで「Googleカレンダー」と検索し、ログインする。

2. 上部に表示されているアドレスバーをクリックし、ドラッグ&ドロップの動作で、デスクトップ上に移動させる。

3.作成完了! これだけで、Googleカレンダーのショートカットがデスクトップ上に作成できます。

MacでGoogleカレンダーの通知設定をする方法! 通知が来ない時に確認するべきことは?

大事な会議をうっかり忘れないよう、通知が来ると何かと便利です。Macで、Googleカレンダーの通知がデスクトップへ届くようにする設定方法と、通知が来ない時の対処方法も紹介します。

MacのデスクトップにGoogleカレンダーの予定を通知する方法

1.Googleカレンダーを開き、右上の歯車をタップ。「設定」をタップします。

2.「予定の設定」をタップ。

3.通知設定から「デスクトップ通知」をタップし、通知音を鳴らすにチェックする。

MacにGoogleカレンダーの通知が来ない時は?

MacにGoogleカレンダーを追加したのに、登録したスケジュールの通知が来ないと困っている人もいるかもしれません。考えられる原因と対処法をいくつか紹介していきます。

カレンダーの通知が無効になっていないか確認

Macのカレンダーアプリを開き、左上のタブから「カレンダー」をクリック。続いて「環境設定」を開きます。

上部タブから「通知」をクリックし、「共有カレンダーのメッセージを通知センターに表示」と、「出席依頼メッセージを通知センターに表示」にチェックされているか確認してみましょう。

Macの「環境設定」から、通知が無効に設定されていないか確認

Macの画面左上部分のアップルマークから「システム環境設定」を開きます。

「通知と集中モード」をクリックします。

「カレンダー」のアプリを選択し、「通知を許可」になっているか、「カレンダーの通知スタイル」が「なし」になっていないか、を確認しましょう。

もし上記を試しても通知が来ない場合、インターネットの接続状況も見直してみましょう。また、Macを再起動すると、通常通り通知が来るようになることがあります。 

Windows PCのGoogleカレンダーにiPhoneのカレンダーは表示できる?

パソコンはWindows、スマホはiPhoneという人も多いでしょう。Windows PC上のGoogleカレンダーと、iPhoneのデフォルトのカレンダーアプリは、簡単に同期することができます。

詳しい方法は、別の記事で紹介しているので、下記URLを参考にしてください。

【参照】iPhoneのカレンダーアプリに登録した予定をGoogleカレンダーに同期する方法

※データは2022年1月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/末家はるか

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。