人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

こんなに簡単!Apple PayとiDカードを紐づける方法

2020.04.12

【参照】Apple Pay

コンビニなどの会計時、細かい小銭があると思いきや数円だけ足りず、結局1度手に取った小銭を財布に戻してお札を出す……なんて経験をした人は多いのでは? もっとスマートに会計ができれば便利なのになあ。と思っているiPhoneユーザーは必見。今回は、レジで読み取り機に端末をかざすだけで支払い可能な、「Apple Pay(iD)」の使い方を紹介していこう。

そもそもApple PayとiDって何?

Apple Payとは、Appleが提供している非接触式の電子決済サービスだ。事前に「Wallet」とい標準搭載されているアプリに、対応しているクレジットカードなどを登録しておけば、コンビニなどでスマートに会計ができる。一方でiDとは、NTTドコモが提供している電子マネーのことだ。提供先を聞くとドコモユーザー以外は利用できないのかと勘違いしてしまうかもしれないが、ほかキャリアのユーザーでも問題なく使えるため、安心してほしい。このiD対応のカードをApple Payに紐付けることによって、支払いが可能となるのだ。

iDとQUICK Payの違いって何?

Apple Payに登録できる電子マネーには、iDともう1つ「QUICK Pay」という電子マネーがある。どちらも電子マネーが利用可能なお店ならば、ほとんどのシーンで使えるので、一方のカードしかApple Payに登録していない……という人でも安心してほしい。ただし、ごくわずか、片方の電子マネーにしか対応していない店舗もあるため、念のためApple PayにはiDとQUICK Payの2つを登録しておくと良いだろう。

初心者でも安心! Apple Pay(iD)の使い方

初めての人でもわかりやすいよう、Apple Payの使い方をご紹介していこう。なお、今回はiDを中心に紹介していくが、QUICK Pay対応カードを登録している場合でも基本的には操作方法は変わらないため、ぜひ参考にしてほしい。

はじめてでもわかるApple Payの使い方! まずはFace ID(Touch ID)を設定!

Apple Payを利用するには、事前にカード情報(支払い方法)を登録しておく必要があるが、その前に本人認証のためのパスコードおよびFace ID(Touch ID)の設定も必要だ。「設定」アプリを開いて、「Face ID(Touch ID)とパスコード」を選択。Face ID(Touch ID)を登録した後、「Apple Pay」という項目をONにしておこう。

認証設定が完了したら? Apple Payにカード情報を登録しよう!

続いてはApple Payにカード情報を登録しよう。用意する物はApple Payを使いたいiPhoneとクレジットカード(デビットカード、プリペイドカードでも可)。

まずWalletアプリを開き、画面右上の+マークをタップ。「続ける」を選択した後、「クレジット/プリペイドカード」を選択。カメラが起動するので、枠内に登録したいカードを写し、認識されたらカード裏面にあるセキュリティコードを入力。これで準備完了だ。

Apple Pay(iD)を実際に使いたい時はどうすればいいの?

では実際にApple Pay(iD)をコンビニなどお店で使いたい場合は、どうすれば良いのか。方法は簡単。まず、購入したい商品を持っていつもどおりレジへ。そして店員さんに「iDで支払います」と告げる(この際「Apple Payで支払います」と告げると、上手く伝わらない可能性があるため注意)。端末のサイドボタン(iPhone 8以前の機種の場合はホームボタン)を2回ダブルクリックし、顔(指紋)認証でロックを解除。専用の読み取り機にiPhoneをかざせば完了。

つまり「iD支払いを告げる」→「iPhoneのロックを解除」→「読み取り機にかざす」だけで支払いが済むのだ。

日本全国に100万台以上! Apple Pay(iD)が使えるお店

Apple Pay(iD)が使えるお店は、非常にたくさんある。iD対応の読み取り機は、日本全国に106.4万台あるとのことだ(2019年12月時点)。セブン-イレブンやローソンといった主要コンビニをはじめ、マクドナルド、ドトール、AEON、サンドラッグなど幅広いジャンルのお店で利用可能。詳しくは以下の参照サイトを参考にしてほしい。なお、同じ系列のお店でも一部店舗では使えないケースもあるため、注意してほしい。

【参照】iDが使えるお店

ちなみに……上記でも少しだけ触れた「QUICK Pay」系のカードもApple Payには登録できるため、「Apple Payが使えるお店」となると、もう少し利用可能な店舗が増えるようだ。

どれが対応してる? Apple Payに登録可能なカードとは!?

Apple Payに対応済みの電子マネー搭載カードの一覧は、こちらから確認可能だ。自分の持っているカードが、この中に入っているかどうか、チェックしてみてほしい。

※データは2020年4月初旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品・サービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/髙見沢 洸

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。