人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

サル山の飼育員が解説!人間社会にも通じるサルと人間との距離感のとり方

2020.03.30

前編はこちら

動物園のシリーズ、第18回目はサル山のニホンザルである。開園61周年を迎えた多摩動物公園は、上野動物園の約4倍の広さである。群れで暮らす動物はできる限り野生に近い群れで飼育をする、それは多摩動物公園の一つのポリシーである。現在、サル山の群れの数は68匹。

由村泰雄飼育員は上野動物園と多摩動物公園で、アジアゾウ、アメリカバイソン、インドサイ等の飼育と並行して、延べで23年ほどサル山のニホンザルの飼育を担当している。

約4万頭の野生のニホンザルと共存するには

「エサはリンゴ、オレンジ、サツマイモ、大豆、小麦、米、ニンジン、竹、シラカシ、アラカシ、ヒサカキ、キンモクセイ、ケヤキ等です。

ニホンザルに触ったり、手からエサをあげるのはよくないことですね。サルが人間を怖がらなくなる。例えば、日光でのサルの被害が大きく報じられていますが、あれも近づいたサルを追っ払い、遠ざけるようにしていれば今のような問題にはならなかったでしょう」

ところが観光客がエサを与えてしまい、サルが人間を怖がらず近づくようになってしまった。観光客の身勝手なエサやりが、野生のニホンザルと人とのトラブルの原因を作ったと指摘する専門家は多い。

日本国内には約4万頭のニホンザルが生息していると推測されている。

「それらと共存していかなくてはいけない。そのためにはお互いに生活権を侵害しない。“サル追い”といって、犬を利用して人里から山にサル追っ払ったり。一見、かわいそうに見えても、“サル追い”はいいことです。

猿回しのような伝統芸能を否定しませんが、それと野生のサルにエサを与えることは、まったく違う。可愛いからと、サルにエサを与えて人に慣れさせるのは、むちゃくちゃに危ないことです」

「子ザルはひときわ可愛い」が…

サル山の飼育では、常にニホンザルと距離を保つ。自然に近い形でサル山にニホンザルの社会が再現できればいいのだ。毎年数匹生まれる子ザルの名前付けは、その年ごとにテーマに沿って、例えば“ご飯のおとも”なら、「ラッキョウ」「イクラ」「メンタイコ」「アオノリ」「フリカケ」と、名付けられる。だが、

「サルは自分の名前を認識していませんし、僕らも日常的にそれぞれのサルを名前で呼んだりはしません」

とはいうものの、個人的な思いを言えば、

「たくさんいる動物園の動物の中でも、ニホンザルの子供はひときわ可愛いと思います」と、由村飼育員のサル似の顔がふと、ほころぶ。

ニホンザルは好奇心旺盛で人懐こい。サル山を掃除する時など、子ザルも親ザルも近づいてくる。由村飼育員としては時に心を鬼にして、サルを寄せつけないようにしている。

――例えば、近寄ってきたサルに“あっち行け!”とか、竹ホウキを振り回したりとか。

「そんなことはしませんよ。ニホンザルが近寄って来なくする方法がいくつかあるんです」

――それはどんな方法ですか。

「例えば、近寄ってきたサルの目を見る」

飼育員が目を見ることで、“これは何かあるな”とサルが認識し、飼育員と一定の距離を空け、それ以上は近づいてこない。ちょうどいい距離感を保つことができるという。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。