人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型コロナウイルスの影響で急増するテレワーク、会社並みに仕事ははかどるのか?

2020.03.01

テレワークを導入する企業が続々増えている。が、会社に出勤して働くのとどんな違いがあるのか、メリットは?などわからいことも多いのではないだろうか。テレワークにまつわる記事をまとめてご紹介しよう。

テレワークのほうが働きやすい?働きにくい?

勤務環境に対する満足度は高いと言われるが…「テレワーク」のメリットと課題を考える

7月22日から9月6日にかけて「テレワーク・デイズ 2019」が行われるのをご存じだろうか? これは、場所や時間にとらわれない柔軟なワークスタイル「テレワーク」の一斉実施を呼びかける取り組み。開始された2017年(7月24日のみ実施)には約950団体・6.3万人、昨年2018年(7月23日~27日の5日間実施)には1,682団体、延べ30万人以上が参加するなど、年々規模が拡大している。

【参考】https://dime.jp/genre/733941/

なぜ浸透しない?企業が従業員にテレワークをさせることに対して抱く不信感の要因

テレワークは、働き方改革によって推進されているが、経営側にとって従業員の姿が見えず、評価がしづらい、サボっているのではないかなどの懸念もあるといわれる。 そうしたテレワークの不信感の原因を、株式会社リンクアンドモチベーションの代表取締役会長 小笹芳央さんに聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/730683/

働き方改革でテレワークが認められている会社員はいまだ4分の1程度

働く場所や時間が柔軟になれば、毎日満員電車で会社に通う必要がなくなる。これまで当たり前だと思っていた「移動」をなくし、そこにかかる「時間」を別のことに有効活用するのが『テレワーク』の理念だ。 個人のパフォーマンスが高い場所や時間に働くことで、社員のワークライフバランスも企業の生産性も向上する。

【参考】https://dime.jp/genre/772637/

一般ビジネスマン、テレワークビジネスマン、フリーランステレワーカー、幸福度が最も高いのは?

2019年4月から「働き方改革関連法」が施行され、テレワークやサテライトオフィスなど、働き方を見直す動きが活性化している。 また、国土交通省が発表した「平成30年度 テレワーク人口実態調査」によるとテレワーク制度の導入率は上昇傾向にあり、今後もテレワークの増加が見込まれている。

【参考】https://dime.jp/genre/756475/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。