小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Gmailのデータを自動的にバックアップする方法

2024.06.19

ビジネス/プライベートシーン問わず、Gmailを日常的に利用している人は多いでしょう。

基本無料で使えるGmailは、非常に使い勝手の良いメールサービスですが、いつサーバーの不具合や誤操作などによって、重要なメールが削除されてしまうとも限りません。

そこで本記事ではGmailのデータをバックアップする方法を紹介していきます。

Gmailのバックアップを取る方法

Gmailのデータはクラウド上に保存されているため、そのストレージを端末に依存していないので、機種変更をしたり、端末が故障したからといって、そのGmailアカウントのデータがなくなる可能性はほぼありません。

しかし、サービスを提供しているGoogleのサーバー不具合や、自身の誤操作など、Gmail上のデータが破損してしまう可能性は、決して0とはいい切れないでしょう。

もしもの時のために、バックアップを取る方法を知っておいても損はないはずです。その手順をデバイス別に解説していきます。

PCでバックアップを取る方法

PCからGmailのバックアップを取る手順は以下のとおり。なお、今回はWindows 11を搭載したPCにて、Google Chromeを使用しています。

1.ブラウザでGmailを開き、右上のプロフィールアイコンをクリック。「Google アカウントを管理」に進みます。

2.「データとプライバシー」タブを開き、「データをダウンロード」に進みます。

3.データをダウンロードしたいアプリ(今回はGmail)にチェックを付け、「次のステップ」に進みます。

4.データのエクスポート先や頻度、ファイルサイズを選択し、「エクスポートを作成」をクリックします。

5.エクスポートの進行状況の項目に、「メールのデータのコピーを作成しています」と表示されればOK。データ容量によって異なりますが、処理の完了には数時間から数日かかることもあります。

iPhone、Androidスマホでバックアップを取る方法

続いて、スマホ版のGmailアプリから、バックアップを取る方法を見ていきます。

iPhone、Androidスマホで操作方法はほぼ共通なので、今回はiOS 17を搭載したiPhoneにてチェックしてきましょう。

1.Gmailアプリを開き、右上のプロフィールアイコンをタップ。「Google アカウントを管理」に進みます。

2.「データとプライバシー」タブ内の「データをダウンロード」をタップします。

3.データをダウンロードしたいアプリ(今回はGmail)にチェックを付け、「次のステップ」をタップ。データのエクスポート先や頻度、ファイルサイズを選択し、「エクスポートを作成」をタップします。

1年間自動的にバックアップを作成することも可能

データのエクスポート先などを選ぶ際に、「1年間2か月ごとにエクスポート」にチェックを付けておけば、1年間は自動的にバックアップが作成され、指定したエクスポート先に保存されるようになります。

こまめにダウンロードをするのが面倒という人は、こちらの設定をするのがおすすめです。

ダウンロードしたバックアップを復元する方法は?

データのエクスポートが完了すると、Gmailあてに案内が届きます。

今のところ、バックアップしたデータファイルを復元できる公式のサービスは、Googleからは提供されていません。データを復元したい場合は、ほかのメールソフトなどを活用しましょう。

データはフリーのメールソフトでも復元できる?

ファイル形式さえ対応していれば、フリーのメールソフトでもGmailのバックアップデータを復元できる可能性が高くなります。

ただし、フリーソフトの場合セキュリティ面などが脆弱な可能性もあるため、利用には十分注意しましょう。

Gmailの容量がいっぱいならデータをダウンロードしてから削除してもOK

Gmailは、1つのGoogle アカウントにつき、15GBまでが無料で利用できます。

ただし、15GBはGoogle ドライブやGoogle フォトといったその他Google アカウントに紐づいたサービスと共用になるので、容量がいっぱいになってしまうこともあるでしょう。

上記の方法でGmailのデータをダウンロードし、PCなどに保存しておけば、Gmailに残っているデータを削除しても比較的安心でしょう。

Google Oneに加入して容量を増やしてもOK

Gmailで使える容量を増やすために、Google Oneに加入するのも1つの手段。100GBで250円/月、200TBで380円/月のように、比較的お手頃な価格で利用できます。

また、年単位での支払いを選択すれば、16%割引されるので、長期的な利用を考えている人は、こちらがおすすめです。

【参照】Google One

こちらもチェック!

ちゃんとバックアップとってる?初心者でも簡単にできるスマホの5大データ管理術

便利で生活に欠かせないスマートフォンですが、精密機械なため壊れやすかったり、またよく持ち運ぶものなので紛失しやすかったりします。そんないつ来るか分からない緊急事...

使わなきゃ損!「Google ドライブ」を使ってデータのバックアップと同期をする方法

大切なファイルやデータのバックアップをこまめに行うのはなかなか大変です。しかし、「パソコン版 Google ドライブ」を使えば、ファイルのバックアップが簡単にで...

Googleフォトでバックアップができない時の原因と対処法

スマホで撮影した写真や動画などを、インターネット上にも保存できる「Google フォト」。 データを同期すればスマホだけではなくPCやタブレットでも確認できるの...

※データは2024年6月時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※サービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/髙見沢 洸

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。