人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

編集部員の汚デスクを激変させた整理の達人の神メソッド

2020.02.07

オフィス机の整理の仕方は人それぞれ。今回、収納スタイリストに、3人の編集部員の机上を見てもらい〝仕事がはかどる〟収納術を指南してもらった。あなたの机上がどれかに似ていれば、参考になるはずだ。

吉川永里子さん

整理収納アドバイザー  吉川永里子さん
収納スタイリストとして、これまで1万人以上に片づけをレクチャー。著書『なかなか捨てられない人のための 鬼速片づけ』(アスコム)が好評発売中。

吉川的整理メソッド

1. 片づけたい場所の中身を〝全部だし〟

2. 捨てるのを迷ったら〝保留〟に仕分け

3. 封筒のままは禁止〝見える化〟が基本

〝全部だし〟と〝保留〟で片づけは短縮できる!

 片づけたくても時間がない。そんな忙しいビジネスパーソンに吉川永里子さんが提唱するのは、鬼のように速く片づけられる、通称〝鬼速片づけ〟。この方法には、2つの重要なメソッドがある。

「まず片づける場所を決め、そこにあるすべてのものを〝全部だし〟してください」

 全部だしをすると、その量の多さに驚くと同時に、不要なものが一目瞭然となる。それを確認したら、今度は仕分け作業。そこで重要となるのが〝保留〟だ。

「まずは今使っているものを残して、それ以外は〝使わないもの〟と〝保留〟に分けます。決断に5秒以上かかるものはすべて保留。こうすれば短時間で終わります」

 片づけに時間がかかる最大の原因は、捨てるかどうかの迷うせい。それを5秒と限定することにより、時間が大幅に短縮されるのだ。

「仕分けが終わったら、デスクに今使っているものだけを置きます。いつか使うものは基本、置きません。そうするとかなりスッキリするはずですが、本来それだけで仕事ができるのです。必要なものだけが明確になるので、仕事も効率的になりますよ」

 しかし、仕分けした使わないものはそのまま捨てるが、問題は保留に分類されたもの。これらはどこに置けばいいのか?

「保留はそのまま箱などに入れて、目につくところへ置いておきます。するとだんだん保留ボックスが邪魔になる。そう感じた時こそ、迷いなくそれを捨てるチャンスなのです。もちろん『やっぱり必要だ』と思って机に戻すのもアリですが、何らかの決着をつけて捨てるか戻すかを決断しましょう」

 以上のメソッドをふまえつつ、今回はDIME編集部員の机上の〝鬼速片づけ〟にチャレンジ! 果たして結果は……。

終わった仕事の書類が山積みに!とりあえず後回しタイプ

オビツ

編集・ディレクター  オビツ

とりあえず後回しタイプ

〈YOSHIKAWA’S CHECK〉パソコン周りに大量の資料や封筒が侵食していたが、仕分けの時はほとんどを迷いなく〝使わない〟へ。「後回しにしているだけで、やり始めれば早いタイプですね」(吉川さん)

オビツ

両脇の資料の山をなくし、作業スペースを確保!

両脇の資料の山をなくし、作業スペースを確保!

捨てることに迷いがなく、3人のうち最短の約20分で片づけが終了。唯一、もらいものの女性用コスメは迷っていたが「いただきものは捨てづらいので、人にあげるのが一番ですよ」と吉川さん。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。