人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

映画、テレビ、ゲームをリアルに体感できる「バーチャルリアリティーバックパック/シート」の臨場感がスゴい!

2020.01.21

「バーチャルリアリティーバックパック」「バーチャルリアリティーシートクッション」を試用してみた!

 今回試用する、「バーチャルリアリティーバックパック」「バーチャルリアリティーシートクッション」です。「バーチャルリアリティーバックパック」は、なかなかしっかりとした質感です。とっても丈夫そうで好感が持てます。

「バーチャルリアリティーバックパック」は、ファスナーにより、分離や一体化が可能です。分離すれば旅行先にも持ち運びやすそうです。もちろん自宅で常用してもオッケーです。

「バーチャルリアリティーバックパック」は、シートと背もたれを、連結させる線で接続することにより、シートと背もたれが連動して、ド迫力の重低音を体感することができます。

 こちらもBluetoothでカンタンに接続可能です。

「バーチャルリアリティーバックパック」を装着してみました。どう?カッコいいい?

「バーチャルリアリティーシートクッション」を起動させてみました。おおおぅ!ド迫力!背中からビンビン鼓動が伝わってくるぜッ!刻むぞ血液のビート!

実際の試用動画がコチラ!▼

身体に響き渡る超振動で臨場感がMAD MAX!バーチャルリアリティーな重低音を体感する「バーチャルリアリティーバックパック」「バーチャルリアリティーシートクッション」

 身体に響き渡る超振動で臨場感がMAD MAX!バーチャルリアリティーな重低音を体感する「バーチャルリアリティーバックパック」「バーチャルリアリティーシートクッション」。

 次回作は、「前後上下左右への動き」「背中への衝撃」「地ひびき」「耳・首筋へのエアー」「足元に何かが触れるような感覚」「風」「水」「霧」「雨」「嵐」「雪」「香り」「煙」「フラッシュ」「バブル」を感じられるバージョンをお願い致します!(メーカー「無理です!」)

※資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、又はWikipediaなど。
※本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの異訳調の紹介風なテキト~でいい加減な内容のエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性などを保障するものではございません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります)
※海外通販の購入(輸入)については、筆者及び編集部はその商品やプロジェクトを保障するものではございません。輸入や出資は自己責任となります。御注意ください。
※技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」を勧めるものではございません。購入、利用においては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※健康器具や健康食品の効果については個人差があるため、使用についてはあくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※クラウドファンディングには立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクもまれにあります。出資に当たっては、御自身で御判断いただきますようお願い致します。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所はおおむねフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ねたがテーマの漫画を得意とする→https://www.furuyan.com
amazonランキング17万位!印税55円を達成した、ゆかいなデジねた漫画「でじ@おた!」 大ヒット絶賛公開中!→https://amzn.to/2XxEJQS
まんがが全然ダメです!しゅぴーん!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。