人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

チンパンジーは唇が10cm裂けても自然治癒できる!動物園獣医が教えてくれた野生動物がもつ驚異の回復力

2020.01.12

動物園の舞台裏を紹介する本シリーズ、今回は動物の飼育を担う飼育員さんではない。動物園の様々な動物と接する仕事にしている人で、動物には大変にいいことをしているのだが、動物には嫌われている。なぜなら動物にとっては嫌なことをする人だからだ。

開園61年目を迎えた東京都日野市の多摩動物公園は、上野公園の約4倍の広さなので、ハイキング気分で園内の動物を見て廻れる。極力、柵を排した展示はより野生に近い動物を観察できる。シリーズ第16回は、多摩動物公園・動物病院の吉本悠人獣医(28・入園4年目)に飼育動物の逸話を聞く。

吹き矢をプッ!

動物が好きでこの道を選んだ吉本獣医。学生時代は野生動物の救護をするボランティアサークルで活動した。傷つき野生に返せないアオバトやフクロウ等を、保護動物として動物園に引き取ってもらったことから、動物園を知るようになる。多摩動物公園はトキをはじめ希少動物の保護活動にも、積極的に関わっていることに惹かれた。なんといっても動物園にしかいない珍しい動物の治療に、携える点が魅力だった。

東京動物園協会に獣医として採用され、多摩動物公園・動物病院に配属された。

「戸惑ったのは、獣医の教科書に載っていない動物ばかりで、どう治療をすればいいのか。扱う動物がどういう習性なのか、わからないことだらけでした」

獣医になった当初、動物病院内の6畳ほど檻には、アカカンガルーのカズオが入院中だった。

「カズオは虫歯が化膿し、顔が腫れて食欲が落ちていた。腫れが治るまで、一日置きに抗生剤を注射する必要がありました」

吹き矢を使って注射をした時は、先輩獣医の指導の声が飛んだ。「カンガルーは後脚が太いから、もものところを狙って吹くんだぞ。動き廻るけど、パターンがあって止まる時がある。その瞬間を見逃さず思い切り吹く」1mほどの吹き矢を握りしめプッと吹いた。「最初はそんなもんだな」カズオの太ももに注射器が刺さらない時は、そんな先輩の声を背中で聞いた。

治療するか、自然治癒に委ねるか。

初めてメスのアカカンガルーを飼育場で捕まえ、抗生剤を注射したのも新人の頃だった。まず飼育員が群れの中から、治療が必要な個体を部屋に入れる。部屋の中でカンガルーは、ピョンピョン飛び回っている。

「捕まえようとすると逃げるから、カンガルーの前に飛び出し、通せんぼをするようにして動きを止める。そのタイミングを見逃さず、尻尾を取れ!」それが先輩のアドバイスだ。

彼が尻尾を取ると、スタッフが左右からカンガルーの手や頭を押さえる。

「有袋類は声帯があまり発達していないので、捕まえた時に唸り声のような鳴き声を上げます。すぐに注射をして放しますが、最初は怖かったです」

尾っぽがなかなか取れないと、走り廻るカンガルーの息が荒くなる。特に夏場はカンガルーの体温が上がるので、これ以上は危険だと判断した先輩獣医が、「今日は止めよう」と声を上げたこともある。

「早く尾っぽを取れるようにならないとな」新人の吉本獣医にそう声をかけたのは、1年後に定年退職を控えた大先輩だった。この先輩には大切なことを教えられた。ある時のことだ。ケージの中のショウジョウトキが、脚を引きずるようにしている。

「脚のレントゲンを撮りたいですね」早く治療をしたい吉本獣医がそう声を発した。すると「これくらいなら放っておいて大丈夫だ。自然と治るよ」と、横でトキに目をやる大先輩がつぶやいた。

「僕らは動物に良かれと思ってやっているのですが、動物にとってはありがた迷惑で。野生動物は、捕まったら殺されるイメージを持っていますから」

治療するには、捕まえなければならず、動物に強い力を加えることになる。動物にとって相当なストレスだ。捕獲して治療したほうがいいのか、逆に何もしないで、自然治癒に委ねるのか。野生動物を診る獣医は、はっきりした判断が必要だと教えられた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。