人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年の抱負は?今さら聞けない「抱負」の意味と正しい使い方

2020.01.06

「今年の抱負は何ですか?」などと尋ねられたら、どのように答えればよいのでしょうか。適切な抱負を述べられる人は、堅実できちんとした人という印象を与えられます。抱負の正しい意味や使い方を知り、聞く人の心に残る抱負を伝えましょう。

抱負の意味と使い方を解説

新年や新しいシーズンを迎える際、よく耳にするのが『抱負』という言葉です。特に、社会人になると尋ねられる機会が多く、時には人前で抱負を含めたスピーチを求められることもあるでしょう。

もしも抱負を述べよといわれたら、どのように答えるのがよいのでしょうか。聞く人を満足させられる抱負を述べられるよう、まずは抱負の意味や使い方を理解しておきましょう。

「抱負」は心の中に抱いている計画

抱負とは、心中に持つ決意・計画などを指します。ですから、「○○になりたい、したい」だけで終わるのは、正しい抱負とはいえません。

抱負を述べる際は「○○になれるよう、△△する」と、具体的に述べることが大切です。目標を達成するためにどんな努力をするのか、どんな行動をとるのかというプロセスこそが、抱負では重視されるのです。

「負」は負けるわけではない

抱負という言葉を見たとき、『負』という一見ネガティブな言葉に違和感を覚える人もいるでしょう。しかしこれは『背負う』『請け負う』などの際に使われる『負う』という意味で、『負ける』という意味ではありません。

抱負という漢字は、心の中の決意・計画をしっかりと抱き、負っているということを示しています。決してネガティブな意味はないので、ぜひ前向きに抱負を語りましょう。

「目標」はゴールを設定すること

一方、新年の目標を聞かれた場合は「○○になりたい、したい」だけでも問題ありません。目標というのは、あくまでもゴール・目指すべき地点です。そこに到達するまでのプロセスは問われず、ゴールをどこに置くかという点が重視されます。

抱負を尋ねられたら目標および目標達成までのプロセスを述べ、目標を尋ねられたら目指すゴールのみを返答する、と考えておけばよいでしょう。

抱負を立てるとどうなるの?

新しいスタート地点に立ったとき、印象的な抱負を発表できれば、周囲からの評価も高まります。特に、ビジネスシーンで抱負を求められた際は、仕事へのやる気や姿勢が測られているケースが多いので注意が必要です。

望ましい抱負を持っていると、それが生活によい効果を生み出すといわれます。目標を設定し、プロセスまで見通しておくことに、どのような有益な意味があるのでしょうか。

周囲から信頼される

抱負をきちんと語れる人は、周囲に信頼感や安心感を与えます。

まず、目標を正しく設定できる人は、現状を適切に理解して、きちんと反省ができる人です。何事に対しても真摯に取り組み、冷静な分析ができる人と考えられるでしょう。

また、目標達成までのプロセスを述べることができれば、計画性があることもアピールできます。目標に向かって着実に歩もうとする姿勢は多くの人に好感を与え、結果として大きな信頼を得ることにつながるのです。

周囲からの理解が深まれば、目標達成までの協力も得やすくなります。社会的信用の高さが、ピンチの際の助けとなる場面もあるでしょう。

収入アップにつながることも

新年あるいは新しいシーズンに仕事に関わる抱負を立てれば、収入アップにつながる可能性も秘めています。

まず、具体的な目標やプロセスが決まっていれば、どんな行動をとるべきか分かりやすくなります。目標達成までのモチベーションを維持しやすく、目標に邁進することが可能です。

また、目標やプロセスを抱負として口に出すことで「自分はできる」とイメージしやすくなるでしょう。苦難や困難に当たっても、ゴールがきちんと見えていれば、ぶれずに進めるはずです。

絶え間ない努力の結果目標を達成できれば、周囲からの評価も上がります。信頼に足る人物と認められ、昇進や昇給も夢ではありません。

抱負の立て方と実行

非現実的な抱負は、立てても意味がありません。抱負を立てる際は、実現できそうなもの・モチベーションを持って取り組めそうなものがよいでしょう。

抱負の内容を実現できる、具体的な立て方と実行方法を紹介します。

なりたい自分像を書き出してみる

具体的な内容が思い浮かばない場合は、『どんな自分になりたいか』を考えることから始めましょう。新年の抱負なら、昨年の自分を振り返ってみれば、「今年はこうなりたい」というイメージが湧いてくるのではないでしょうか。

また、周囲に仕事ができる人・信頼できる人などがいる場合は、その人をモデルにしてもかまいません。重要なのは、あいまいではなく『具体的になりたい姿を思い浮かべること』です。

イメージが整ったら、それをそのまま紙に書き出してみます。実際に紙面に書くことで頭の中のイメージが整理され、抱負の内容が記憶に残りやすくなるのです。

書いたものを目にしやすい場所に貼っておけば、常に抱負の内容を意識して行動することができるでしょう。

数字で表すなど具体的な内容にする

抱負をより明確にするために、内容には具体的な数字や期限などを盛り込みます。

たとえば、「痩せるために運動したい」という抱負なら、「5kg痩せるために毎日10分走る」という抱負のほうがより目的がはっきりとしています。

抱負を実現するために行動を起こしやすいうえ、達成できた・できないのラインも明確です。数字に具体性があるため、目標達成までのペースや方法が見えやすくなり、抱負がより身近なものに感じらます。

ただし、明らかに実現不可能な数値を目標とするのは、避けたほうが無難です。抱負の内容のハードルを上げれば、その分モチベーションが下がります。結果、抱負の実現が遠のいてしまうかもしれません。

決めた抱負は毎日意識できるように

抱負を決めたら、毎日意識して生活しましょう。紙や手帳に抱負を書き、日々何度も抱負の内容に目が向くようにします。

こうすることで抱負の内容が潜在意識に深く残り、常に「抱負を達成するにはどうすべきか」と考えるようになります。自身の行動を検証したり振り返ったりする機会が増えれば、抱負実現への道筋はより確実なものとなるでしょう。

抱負の具体例

抱負は詳細かつ明確なほうが実行しやすく、最終的な成功を得やすくなります。「なんとなくイメージはあるものの、どう具体化してよいか分からない」という人は、いくつかの具体例からヒントを探してみてはいかがでしょうか。

実現可能な抱負を立てるための、具体例を三つ紹介します。

転職のため半年後までに資格を取得する

仕事関係の抱負なら『転職のため半年後までに資格取得する』という抱負はいかがでしょうか。

転職を目標とする場合、資格を持っていることは大きなメリットです。資格があったから採用されたというケースも多く、資格取得を抱負に盛り込むのは有益でしょう。

ただし、有益な資格は、どんな仕事に転職するかで異なります。

転職先がエンジニア系なら、『基本情報技術者』『情報処理安全確保支援士』などおすすめです。一方、事務・経理系なら『日商簿記』『マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)』などあると重宝するでしょう。

目指す転職先で役立つ資格を見つけ、抱負に盛り込みましょう。

朝6時に起きてジョギングする習慣を身に付ける

健康に関する抱負を立てるなら、『朝6時に起きてジョギングの習慣を身に付ける』というのもよいでしょう。ジョギングすることにより身体的な健康はもちろん、ストレス発散効果で心の健康も期待できます。

継続的なジョギングの習慣を抱負にすることは、ごく身近なところから始めたい人にぴったりです。『朝6時』と明確に決め、『○分』『○km』など追加すると、より具体的になります。

レシート管理を日課にして貯金を2倍に増やす

日常の抱負なら『レシート管理を日課にして、貯金を2倍に増やす』なども有益です。現在の貯金の2倍、と具体的な指標を定めることでモチベーションを保ちやすく、達成までに要する時間や必要な努力が見えやすくなります。

レシート管理というのは、最もシンプルな家計管理術の一つです。方法としては、レシートを家計簿やExcelの家計簿表に入力する・レシート管理アプリを使用してみるなどがあります。

ただし、どの方法を選択しても毎日、あるいは期間を決めて整理していかないと、レシートは増え続けます。『レシート管理を日課にする』と抱負に盛り込むなら、どんな手段を選択するか・いつ、どこで行うかまできちんと決めて取り組むのがベターです。

ビジネスで効果的な抱負の話し方

的を射た抱負を述べられれば、ビジネスマンとして好印象を与えられます。抱負を尋ねられたときは自己アピールのチャンスと考え、自信を持って前向きな姿で臨みましょう。

ビジネスでよい印象を持たれる抱負の述べ方を紹介します。

自分らしさのある前向きな言葉を使う

好印象を持たれる抱負にするなら、自分らしく前向きな言葉を使うことが有益です。

抱負というと新しいことばかりを述べがちですが、社会人なら前年の課題や問題を上げ、さらなる飛躍を誓うとよいでしょう。たとえば、営業のビジネスマンなら、次のような抱負はいかがでしょうか。

「昨年は営業成績も悪くはなかったが、新規開拓に満足できなかった。今年度は積極的に外回りを行い、新規開拓にも注力したい」

このような内容なら、前年の反省を踏まえたポジティブな抱負となります。適切に自己分析できているので、聞く人にも好印象です。

1分程度にまとめて笑顔で伝えよう

どんなに強い意気込みや伝えたい抱負があったとしても、だらだらとしたスピーチは嫌がられます。ビジネスシーンで『できる人』という印象を与えるには、言いたいことをコンパクトにまとめる能力も重要です。

抱負はシンプルに1分程度にまとめ、笑顔でハキハキと伝えてみましょう。

加えて、スピーチでは態度や表情も聞く人に大きな影響を与えます。抱負の内容とともに身だしなみや口調、声の大きさにも気を配ることも大切です。

文/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。