小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

入社4年目の本音「治療の術がない患者さんを支える現場を目にして働きたいと思いました」やまと診療所・中川裕美さん

2019.12.09

「私、すごく後悔しているんです」

訪問診療に訪れたある日のことです。

もうそろそろ、お迎えだな……私はそう直感しました。この時点で自宅か病院か、患者さんがどこで最期を迎えるかのお話し合いができていませんでした。本人から意思を聞ける状態ではなかったので、私は家族に尋ねようと思った。ところが現場でそのことを口にできず、診療所に戻って来て。

「今から電話で家族に聞くほうがいいでしょうか」私のそんな相談に上司は、「今電話をするか、明日にするか、キミの判断に任せるよ」と。時計の針は午後8時頃を指している。

最期をどこで迎えるか、夜の時間にいきなり聞くより明日の朝、電話をしようと決めて私は帰宅したんです。

ところがその日の深夜、家族から電話があり、患者さんが亡くなられたと。“介助している最中に亡くなられて、家族はパニックになった”翌朝、カルテのそんな記述を見て、私もパニックになりました。

なんであの夜、電話をしなかったのだろう……。

「私すごく後悔しているんです」上司に訴えるように言うと、「中川さんが電話をしたら、何かが変わったの?」と。

でも、私が電話をしていたら、最期の瞬間を迎えた家族の気持ちは違っていたかもしれない。家族がパニックになって診療所に電話をしてきたという、カルテの記載がとても引っかかっていて。私が患者さんの最期について家族に踏み込んだ話をしていれば、肉親の死を前にして、最期の時間をもっと大切にできたのではないか。

PAとして寄り添い、支援した患者を中川裕美さんはこれまで、100人近く看取りに関わっている。“医療人”として患者にどう寄り添い、関わっていったらいいのか、模索するエピソードは後半も続く。

取材・文/根岸康雄
http://根岸康雄.yokohama


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。