人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Googleフォトから写真を削除するにはどうすればいい?間違って削除した時に復元する方法

2019.11.15

スマホにPC、タブレットにデジカメなどなど、カメラ機能を持つ機器が圧倒的に増えた昨今。撮影した写真のデータが、あちこちの機器やSDカードなどに散らばっていたりしないだろうか?

いざ、写真を整理しようと思っても、どこに何のデータがあるのかも把握できず、うっかりデータを消すこともままならない……。こんな状況を解消するために、この記事ではGoogleフォトの活用をおすすめしていく。

【参考】Googleフォト

基本から解説! そもそもGoogleフォトアプリとは?

「Googleフォト」は、Googleが提供する無料の人気アプリの1つ。これを使うと、写真データをGoogleのクラウド上に保存できる。Webブラウザでアクセスし、Googleアカウントでログインすればすぐに使えるようになる。

このアプリの最大の特徴は、「Googleアカウント」にひもづいているため、同じアカウントでログインしていれば、別のデバイスからでも同じスペースにアクセスできること。たとえばスマホで撮影した写真をGoogleフォトにアップし、別のタブレットやPCから同じアカウントでアクセスすれば、どの端末からでもその写真を観られるというわけだ。

検索性にも優れていて、キーワードはもちろん、撮影場所や撮影時期からも探せる。膨大な写真データがあっても、探したい1枚が見つかるだろう。また、簡単なレタッチやトリミングに対応しているのもうれしい限りだ。

Googleフォトアプリの便利な使い方

スマホで写真を撮って保存していると、スマホ内のデータ空き容量がどんどん減ってしまう。そこで撮った写真をGoogleフォトに移してしまえば、スマホの空き容量は心配せずに済む。

さらに、スマホが突然故障しても、Googleフォトに保存しておけば写真データは残るので安心。機種変更をするときも、写真データの移行を気にしなくていいので、スムーズにできるだろう。

【参考】スマホのストレージが写真や動画でパンク状態の人におすすめ!容量無制限で写真の管理ができる「Googleフォト」活用術

スマホで使うならGoogleフォトアプリをダウンロードしよう

前述のとおり、GoogleフォトはWebブラウザからでも利用できるが、スマホで使う場合はアプリのほうが圧倒的に便利だ。Google PlayまたはApp Storeからダウンロードしよう。

【参考】App Store

【参考】Google Play

容量制限が心配……Googleフォトの空き容量を増やすには?

スマホの写真データをGoogleフォトに移せばスマホの空き容量は増えるが、肝心のGoogleフォトに容量制限はないのだろうか?

結論から言うと、Googleフォトにも容量制限はある。Googleアカウントを無料で使っている場合、最大15GBまでだ。ただし、この容量はGmail、Googleドライブとも共用になるので、この2つでデータを食っているとGoogleフォトで使える空き容量は減ってしまうので注意して欲しい。

この容量を増やしたいときは、有料プランに切り替えればいい。2019年11月現在は、月額250円で100GB、月額380円で250GBまで増量できる

なお、写真データは「元のサイズ」ではなく、データを圧縮した「高画質」保存なら、容量制限なしで利用できる。この設定は、Googleフォトのメニューの中にある「設定」から切り替え可能だ。

ネット上に写真をあげて大丈夫?Googleフォトは他人に見られる心配はない?

ネットに写真をアップ……というと、他人に見られる心配をする人もいそうだが、基本的にログインした本人以外、見ることはできない。ただし、他人と写真を共有する機能はあるので、それを使ったフォルダや写真は見られてしまう。見せたくない写真は、共有しないように注意したい。

写真の削除方法をマスターしてGoogleフォトを賢く使おう

撮った写真を自動アップロードする設定にしておくと、撮り損ねた写真や余計な写真まで保存されてしまう。高画質で保存しているなら容量は気にしなくていいが、検索するときに少し面倒だ。不要な写真はできるだけ削除しよう。

Googleフォトで写真を削除する方法【PC編】

PCで不要な写真を削除したいときは、まず該当の写真を表示した状態で右上の「ゴミ箱」アイコンをクリック。その後に表示された吹き出しの「ゴミ箱に移動」をクリックすればOKだ。

Googleフォトで写真を削除する方法【スマホ編】

スマホもPCと同じく、まずは削除したい写真を表示した状態で、右下の「ゴミ箱」アイコンをクリック(画像左)。表示されたダイアログの「ゴミ箱に移動」をクリックすると、ゴミ箱への移動が完了する(画像右)。

まとめて削除したい! Googleフォトで写真を一括で消すには?

削除したい写真がたくさんあるときは、一括削除が便利だ。やり方は、まず削除したい写真を選択し、そのあと「ゴミ箱」アイコンをクリックすればOK。Web版なら、一覧の写真にカーソルを重ねると現れるチェックマークをクリック、スマホ版なら一覧の写真を長押しすれば、写真をまとめて選択できる。

削除できない場所がある? Googleフォトの削除機能とその限界

Googleフォトで写真を削除すると、同期しているすべてのデバイスから写真が削除される。同時に、Googleフォトのアルバムや、共有しているアルバムからも削除される。

しかし、BloggerやYouTube、Gmail、Google+といったほかのサービスからは、写真データが削除されない。削除してもどこかにデータが残る可能性があることを覚えておこう。

Googleフォトで間違って削除したときはどうする? 「ゴミ箱」にあれば復元可能

Googleフォトで写真を「ゴミ箱」に移動しただけなら、正確にはまだ削除されていない状態だ。「ゴミ箱」に入れた後60日間は、写真を復元できる。

気をつけよう! Googleフォトの削除はゴミ箱を空にしてしまうと復元不可能

Googleフォトのメニューから「ゴミ箱」を選択すると、「ゴミ箱」の中にある写真を表示できる。ここで右上の「ゴミ箱を空にする」をクリックすると、「ゴミ箱」内のすべての写真が完全に削除される。一度完全に削除してしまうと、復元は不可能なので注意しよう。

なお、「ゴミ箱」の中にある写真を個別に削除が可能。写真を選択すると右上に現れる「完全に削除」をクリックすれば1点ずつ削除できる。

【参考】「Googleフォト」の使い方|iPhoneやPCからGoogleフォトが使う方法を伝授!

「同期しない」設定にしておけばGoogleフォトから削除しても端末には写真が残る

スマホの「Googleフォト」アプリにて、「バックアップと同期」をオンにしておくと、Androidならスマホ内の特定のフォルダ、iOSならカメラロールと同期できる。ただし、クラウドと端末は同期しているので、Googleフォトから写真を削除すると、フォルダやカメラロールからも写真が削除されてしまう。端末に写真を残しつつGoogleフォト上のみ写真を削除したいときは、「バックアップと同期」をオフにしてから実行しよう。

AndroidならGoogleフォトと同期しないフォルダを設定できる

Androidの「Googleフォト」アプリは、同期するフォルダと同期しないフォルダを細かく設定できる。上手く活用すれば、端末に残したい写真と残したくない写真を管理しやすくなる。

Googleフォトは、写真を1つの場所で管理するのに最適なアプリだ。画質を落とせば無制限に保存できるため、スマホで撮影した写真のバックアップにも便利。複数のデバイスで写真を管理するのにも向いている。まちがいなく便利なツールなので、Googleフォトをまだ使ったことがない人は、この記事を参考に利用を検討してみよう。

※データは2019年11月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。