人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ブラウザはSafariだけじゃない!iPhoneでGoogle Chromeを使う方法

2019.11.14

iPhoneから、インターネット上のWebサイトを閲覧する際に利用するブラウザアプリといえば「Safari」ですよね? 使いやすく便利なSafariですが、「今までPCやAndroidスマホではChromeを利用していたから、少し慣れないな」という感想をお持ちの人もいるのではないでしょうか? 実はiPhoneではGoogleの提供するブラウザアプリ「Chrome」も利用できるのです! そこで今回はGoogleの提供するブラウザアプリ「Safari」をiPhoneで利用する際の使い方などを紹介していきます。

iPhoneでも使える! Google Chromeの使い方

それでは、さっそくiPhoneでChromeを使っていきましょう! Chromeアプリはほかのアプリと同様に、App Storeからインストールする必要があります。

上図がiPhoneでChromeを起動した際のトップ画面です。画面右上には、ログイン中のGoogleアカウントのアイコンが表示されており、中央部には検索ボックスとおすすめのウェブサイトがあります。

iPhoneでGoogle Chromeを使い方〜「戻る」や「進む」ボタンはどれ?

Webページを戻りたい時、もしくは進みたい時に活用したいのが「戻る」ボタンと「進む」ボタンです。これらは、Chromeを開いた際の画面下部に表示されており、タップすることで、「戻る・進む」を選択できます。ほかにも「検索」「タブ」「設定」ボタンが表示されています。これらのメニューバーは、Webサイトを閲覧している最中は隠れていますが、ページを下にスワイプすることで、再表示されます。

iPhoneからGoogle Chromeでブックマークをする方法

特定のWebページへのアクセスを容易にするために、Chromeのブックマーク機能を利用しましょう。

1:ブックマークしたいページを開きます。
2:画面下部の「…」をタップします。
3:☆に+マークの「ブックマーク」を選択します。

これでブックマークは完了です。なお、ブックマークしたサイトは、画面下部の「…」をタップし、「★ブックマーク」を選択し、「モバイルのブックマーク」を選んでください。

iPhoneからGoogle Chromeを同期しておくと……? ブックマークが便利に使える!

普段、PCからChromeを利用していて、同期を有効にしていた場合、同じアカウントでiPhoneからChromeを利用すると、PCで登録していたブックマークがiPhoneから閲覧できます。もし。同期ができない場合はiPhoneからChromeアプリを開いて、画面下部の「…」をタップし、「設定」から「同期とGoogleサービス」>「Chromeのデータを同期する」を確認してみましょう。こちらがオンになっていなければ、ブックマークが同期されることはありません。

iPhoneからGoogle Chromeのキャッシュクリアをする方法

キャッシュデータとは、Webなどを閲覧していると蓄積されていくデータのことです。このデータがあることによって、再度同じWebサイトを閲覧する際などに読み込み速度が若干速くなります。しかし、あまりにキャッシュデータが膨大になると、iPhoneの動作が重くなったり、容量を圧迫してしまうケースが発生します。そこで、キャッシュデータの削除方法を見ておきましょう。

1:Chromeアプリを開きます。
2:画面下部の「…」をタップします。
3:「履歴」を選択します。
4:「「閲覧履歴データを削除」をタップします。
5:削除する期間を選択し「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れて「閲覧データの削除」をタップすれば完了です。

iPhoneでGoogle Chromeをデフォルトブラウザに設定できる?

iPhoneでは上記のとおり、ブラウザアプリ「Chrome」を利用できますが、デフォルトのブラウザアプリに設定することはできません。デフォルトのブラウザアプリは基本的にSafariのままです。

デフォルトアプリって何?

例えば、メールなどで送られてきたURLをタップすると、自動的にブラウザアプリが立ち上がりますよね? この自動的に立ち上がったブラウザアプリが「デフォルトアプリ」です。iPhoneの場合、デフォルトのブラウザアプリはSafariから変えることは基本的にできませんが、Androidスマホの場合は変更できるようです。

iPhoneでもできる? Google Chromeの拡張機能

すでにPCなどで使いこなしている人なら知っているかもしれませんが、Chromeには便利な「拡張機能」という機能があります。この拡張機能は、スマホ用のアプリ版Chromeにも搭載されているのでしょうか? 残念ながら、今のところアプリ版のChromeには拡張機能がないようです。かなり便利な機能なので、アプリ版にも実装される日が待ち遠しいですね。

Chrome以外にもあった! iPhoneでも使えるGoogleアプリ

App Storeからは、ほかにも様々なGoogleアプリを利用できます。

音声翻訳やカメラ翻訳もできる「Google翻訳」

撮影した画像や人同士の会話なども翻訳してくれる「Google翻訳」。世界100か国以上の言語に対応しているGoogle翻訳をインストールして、来年東京で行われるビッグイベントに向けて、準備しておくのも良いかもしれませんね。

【参照】App Store Google翻訳

Chromecastを使いたい人には必須! 「Google Home」

Chromecastとは、スマホの画面をWi-Fiを介して。テレビ画面に写すための小型デバイスのことです。このChromecastを利用するためには、Google Homeという専用アプリが必要です。

【参照】App Store Google Home

写真を「高画質」で保存すれば無制限で利用可能! 「Googleフォト」

Googleフォトは、Googleアカウントを持っていれば誰でも利用できるクラウドストレージサービスです。保存する画質設定を「高画質」に設定しておけば、容量を気にせず保存できます。

【参照】App Store Googleフォト

※データは2019年11月7日時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※サービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/高沢タケル

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。