小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhoneとAndroidスマホ、買うならどっち?

2024.04.06

お使いのスマホはiPhoneですか?それともAndroidスマホですか?日本国内においてはこの2つのスマホが主に利用されていますが、そのシェア率や違いをしっかりと把握している人は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は2つのスマホの違いやシェア率、機種変更をする際の注意点などをご紹介します。

Apple iPhone

Android

iPhoneとAndroidスマホのそもそもの違いとは?

まずは、iPhoneとAndroidスマホの違いを見ていきましょう。前提として、iPhoneとはApple社が販売している「機種名」で、AndroidとはGoogle社が提供している「OS」の名前です。つまり、そもそもの考え方の「階層」が異なるのです。

OSとは簡単に説明すると「パソコンやスマホを動かすためのソフトウエア(オペレーティングシステム)」のことで、これがないとスマホは動いてくれません。

【参照】データの移行方法は?LINEの引き継ぎ方は?iPhoneとAndroidの違いをおさらい

前述したとおり、AndroidとはOSの名前であり、Androidを利用している代表的な機種は「Galaxy」や「AQUOS」、「Xperia」といった機種です。

一方でiPhoneには「iOS」と呼ばれるApple社のOSが搭載されており、iOSを搭載した機種はiPhoneのみとなります。

iPhoneとAndroidはどっちが先に発売された?日本国内で初めて発売されたスマホは?

【参照】SoftBank

日本国内において、1番はじめに店頭に並んだスマホは何という機種なのでしょうか? 

実は、日本で最初に発売されたスマホはiPhoneでもAndroidスマホでもなく、ノキアの「Vodafone 702NK」といわれています。

キャリアはボーダフォンで、発売日は2004年の12月のこと。今から20年ほど前に発売されました。

ちなみにiPhoneは2008年7月に発売された「iPhone 3G」が初。Androidスマホは2009年7月に発売された「HT-03A」が初とされています。

ですから、日本国内においてはiPhoneの方がAndroidスマホより先に発売されていたということになります。

iPhoneとAndroidスマホの機能の違い

続いては、iPhoneからAndroidスマホ、AndroidスマホからiPhoneに機種変更する前に知っておきたい、機能や使い方の違いをご紹介します。

【参照】AndroidからiPhone、iPhoneからAndroidに乗り換える時に注意すべきポイント

iPhoneにあってAndroidスマホにない機能

まずはiPhoneにだけある機能を見ていきましょう。

◆アプリをインストールする時に利用するのはApp Storeとなる
◆App Store以外からアプリをインストールできない
◆Apple IDを取得・利用する
◆SDカードの挿入口がない

AndroidにあってiPhoneにない機能は?

【参照】Android 13

AndroidスマホにあってiPhoneにはない主な機能や相違点は、以下のとおりです。なお、下記以外にも異なる点や機能があるので留意してください。

◆アプリをインストールする時に利用するのはGoogle Play ストアとなる
◆Apple IDは不要で利用するアカウントは主にGoogleアカウント

どっちが人気? iPhoneとAndroidスマホのシェア率

続いてはiPhoneとAndroidスマホのシェア率について見てきましょう。

どっちが多い? iPhoneとAndroidスマホのシェア率【海外編】

スマホのグローバルシェアはどうなっているでしょうか?

Androidスマホ(Android)のシェア率は約7割、iPhone(iOS)のシェア率が約2割強、それ以外がその他OSを用いた端末となっているようです。

主にAndroidスマホが優勢なグローバルでのスマホOSのシェア状況ですが、アメリカやオーストラリア、台湾や香港などでは、iPhoneのシェア率が5割前後を示す模様です。

どっち派? iPhoneとAndroidスマホのシェア率【国内編】

日本国内では、iPhoneとAndroidスマホではどちらが利用されているかご存じでしょうか?  2023年9月時点でメインに利用しているスマホのうち、iPhoneとAndroidスマホでは利用率はほぼ50%対50%といわれています。

iPhone/Androidスマホを 機種変更する際の注意点

続いてはiPhoneからAndroidスマホ。もしくはAndroidスマホからiPhoneへ機種変更する際の注意点をご紹介します。乗り換えを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

iPhoneの場合、データのバックアップやアプリの情報などは、「iCloud」に保存されるケースが多いのですが、Androidスマホの場合、主に利用するクラウドストレージは「Googleドライブ」となります。

GoogleドライブはiPhoneからでも利用できますが、AndroidスマホでiCloudを利用するのは非現実的。ですから例えば、「iCloudに保存していたのにデータの移行ができない」と機種変更後にならないよう、留意しておきましょう。

また、アプリによっては「引継ぎコード」が発行されるケースもあるので、そちらもチェックしておくと良いかもしれません。LINEの引継ぎ方法に関しては、@DIMEで紹介されている記事があるため、そちらも参照にしてください。

iPhoneとAndroidスマホ……結局どっちがいいの?

ここまではiPhoneとAndroidスマホの違いや、機種変更した際の注意点をご紹介してきましたが、結局どちらのスマホが優れているのでしょうか? 

結局のところ操作性や使いやすさを左右するのは「慣れ」なので、どちらの機種が優れていると断定はできません。

ですが、ある程度の「傾向」はあるようです。もし、スマホ以外に利用しているデバイスがApple製品である場合、利便性を考慮すると「iPhone」の方が使いやすいかもしれません。

反対に使用デバイスに特にこだわりがなく、スマホのカスタマイズ性などを重視する人にとっては、(機種にもよりますが)Androidスマホがおすすめでしょう。

こちらの記事もチェック!

シニア世代のスマホ所有率、iPhoneとAndroidどっちが高い?

日本国内のiPhoneとAndroidのシェア、多いのはどっち?

説明できる?iPhone「iOS」とAndroidスマホ「Android OS」の特徴と大きな違い

※データは2024年3月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品・サービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/高沢タケル

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。