小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マト1か?マト4か?名作「クリムゾン・キングの宮殿」のレコード盤聴き比べ

2019.09.23

ところで、「レコードの達人」聴き比べの結果は? 来場者10人強+岩田さんと僕、どちらがB2 or B4かわからないブラインドで聴き比べた。ライブハウスならではの大音量、プレーヤーはLINN/LP12の最高峰300万円級システムと、再生環境が極上ゆえか、“一聴瞭然”、全員一致でB4に軍配が上がった! 僕の耳は正しかった……。B4>B2はありえず(ありえたらマト1崇拝が根底から崩れる)、やはり僕のA2B2は状態が悪いということだろうか?

ライブハウスのスピーカーは往年の名機、アルテックのA4。

「レコードの達人」のほぼ1週間後、新規購入盤A2B2が届いた。ジャケットは、既所有盤の方がずっときれいだ。既所有盤がEX+なら、新規購入盤はEXには及ばずEX-くらい。だが、まあ許容範囲だ。盤は見た目、EX+~NMは盛り過ぎながらEXには相当する。これもよしとしよう。

しかし!! ターンテーブルに乗せるや、カートリッジが1周ごとに上下する。盤に反りがあるのだ。針飛びはしないが、見ていて気持ちいいものではない。世には反りを修復するマシンがあるものの、お代は10万円級なり。反り修復が必要な盤を買う確率は100枚に1枚くらい、10万円は費やせない。

数年前に買ったレッド・ツェッペリンの『プレゼンス』に反りがあり、ネット検索して無料で修復してくれるレコード店を見つけてお世話になったことがある。『宮殿』の反りは『プレゼンス』と同程度、修復できると確信し試聴は中止、修復後に改めて聴くことにして、同じレコード店に修復をお願いした。

盤の反りによって、カートリッジが上下する。

反りはかなり修復された。

さて上の動画のように、反りはかなり修復された。さあ、試聴だ。だが……。音のフレッシュさがない。状態のいいマト1なら驚くほど音が瑞々しく、マト1収集家の心を捉えるのに……。しかも眠たい音の奥に、薄くノイズがかかっている。この盤、かなり状態が悪い?

音楽はレコードで聴くのが当たり前だった頃、盤のメンテナンスにレコードスプレーなるものを吹きかけるのが常識だった。しかし今では禁じ手で、スプレーを浴びすぎたレコードは表面が膜でおおわれ、音が悪いとされる。この新規購入盤は、そんな症状のような気がする。

その対処方法は洗浄だ。反り修復マシンは買えなくても、レコード洗浄マシンは手に入れて中古盤は必ず洗っている。精製水のコスト上、10枚くらいたまってから洗うのが常だが、今回はそんなに待っていられない。この盤だけのために使うことにした。

いつもの洗浄時間は1分だが、今回は念入りに2分洗った。

 洗浄の効果で、薄くかかっていたノイズはなくなった。音も眠くはない。だが聴き比べると、既所有盤のほうが音はいい。その既所有盤の音は、A2B4に劣る。しかし、思いついた。せっかくレコード洗浄マシンを使ったのだから、既所有盤をもう一度洗おう。洗って試聴する。かなり音がよくなったと思う。

では、A2B4も聴いてみよう。「クリムゾン・キングの宮殿」、やはりB4はベースが力強く唸る。だがこれは唸り過ぎで、B2程度の低音こそアーチストが目指した音かもしれない!? こうなると何が正しいかわからなくなってくる。これぞマト1の迷宮、深遠なる世界(!?)だ。唯一明確なのは、新規購入は不要だったこと。リタイアの身、分相応にせねばと、大いに反省したのでした。

PS 実は『クリムゾン・キングの宮殿』には、正真正銘のマト1=A1B1が実在する。滅多に市場には出ず、出たら今では100万円級だろうか? そのA1B1とA2B2を聴き比べるイベントに参加したことがある。ご興味のある方は、こちらの記事をどうぞ。

文/斎藤好一(元DIME編集長)


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。