人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【リーダーはつらいよ】「上司が上から目線だと現場はつらいでしょ」ゼブラ・平將人さん

2019.08.21

上司はちょっと羽目を外した緩衝材

部内には黙々と開発に取り組むメンバーもいる。「うちはビジネス寄りの市場に弱い。競合がまだ、満たしていないポールペンのニーズはないか」それは上層部から、商品開発部全体への課題であった。

平の直属の部下ではないが、30代のリーダーがこの難問に取り組んだ。筆記具の代名詞のようなボールペンは、長年改良され尽くしてきた。果たしてこれ以上、改善の余地があるのか。商品開発部の男性社員は既存のボールペンを使い、ひたすら紙に書き続けた。そしてある時、問題点に気づく。

「今までのビジネス向けのボールペンの先は、カタカタ振動する。それに気づくとストレスになります。振動を抑えた商品を出しましょう」

そんな提案は商品開発部のメンバーにとって、思わずうなる着眼点だった。『ブレン』という振動抑制機能を搭載したボールペンの発売は18年12月。既存のボールペンのペン先は、内部にすき間がって振動したが、ブレンはペン先にパーツを入れて固定し、振動を抑制する構造だ。

ゼブラ『ブレン』

「なにせ平はさ、これだから、これ」と、両手でグーを作り鼻の上の乗せ、テングの真似をして部下を盛り上げるのは、直属の上司である商品開発部の部長である。営業職が長かった部長はとにかく明るく、人を盛り上げるのが上手い。

「平は時々、すげえ提案をするけど、鼻毛が出てるんだよ」とか、財務畑が長くマジメでいささか固いタイプの平が、部下と馴染めるよう、部長が緩衝材の役割を担ってくれている気がして彼は内心、感謝している。

「平課長はいじられキャラだから」とか、部下に笑顔で声をかけられると、部下との距離が縮まっていると実感が湧き、まんざらでもない。ただ、飲み会で羽目をはずすのは若干、抑えてほしい。先日の飲み会では悪ノリした部長に服を破かれてしまった。

商品開発部の仕事は自分に合っている気がする。これから先のサラリーマン人生も、ヒット商品に関われる仕事をしていたいと彼は思っている。

平將人、43才。2年ほど前に結婚した。初婚である。商品開発部の仕事と同様、夕食を作り待っていてくれる人がいる新婚家庭は、新鮮である。

取材・文/根岸康雄
http://根岸康雄.yokohama

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。