人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

甘やかしてはダメ!人間の飼い方がすべてを決めるトラの育て方

2019.07.20

動物園の生き物はどんな飼い方をしているのだろうか。動物のことをもっと知りたい。日々、動物に接する動物園の飼育員さんに、じっくりとお話を聞くこの連載。動物園の動物の逸話を教えてもらおうというわけである。

今年開園61周年を迎えた東京都日野市の多摩動物公園。上野動物園の約4倍という広さは文字通り自然公園である。極力、柵を排した展示は、野生に近い動物を観察することができる。

シリーズ第13回はアムールトラである。ネコ科に属し、生息域はロシアと中国東北部の国境を流れるアムール川やウスリー川周辺のタイガだ。オスの個体は体長およそ2.5m体重300㎏を超える。肉食で野生ではイノシシやシカ等を捕食する。動物園での寿命は約20年。現在、多摩動物園では今年1月29日に生まれたショウヘイを含め、4頭のアムールトラを飼育している。

モグラの回でお話を聞いた飼育員の熊谷岳さん、「大きな動物の飼育を経験してみたい」という希望が叶い、飼育員になって3年目に多摩動物公園に異動して以来、アムールトラの飼育を19年間担当する。異動した当時のトラ舎には、繁殖のためドイツの動物園から来園した、ビクトルとアシリのペアがいた。

要になるのは人間の飼い方

アシリは延べ3回、3頭出産したんですが、親の手で無事に育ったのは今、園にいるシズカだけです。先天的に障害を持った生まれた個体もいて。トラは1回の出産で、2〜4頭生むのがふつうですが、1頭だけというのも異常でした。アムールトラの繁殖は相性があるから難しいという人もいますが、野生では生息場所で出会えるメスは限られている。

相性じゃない、要は我々の飼い方に問題があるのではないかと。全世界の飼育されているアムールトラの総元締めのような役割を担っているのが、ドイツのライブチヒ動物園です。そこにはアムールトラの国際血統登録がある。飼育されているアムールトラ一頭ずつに、管理番号が付けているんです。これまで飼育されたアムールトラの記録をたどっていくと、ビクトルとアシリは血縁が濃いことが分かった。

では、国内のアムールトラの状態はどうなのだろうか。当時組んでいた飼育員と、ライブチヒ動物園が公開しているアムールトラの台帳から、個体番号をエクセルに入力して血統図を作り、近親交配の度合いを表す近親交係数の数値を出していったんです。当時、国内の動物園にいた50数頭の個体のうち、30頭ぐらいの血統図を作ってみた。するとかなり血統の偏りがあると分かりました。

血統登録をはじめたのが1950年代で、当時は世界的に産めよ増やせよで、兄弟や親子とかあまり関係なく掛け合わせていた。同じ個体ばかり繁殖させていたせいで血統がかなり偏っていました。僕はアムールトラの繁殖検討委員だったので、この状態はまずいと国内の関係者に現状を訴え、繁殖計画会議も立ち上げたりしたんです。

でも、アムールトラの場合、保護された野生の個体が定期的に動物園に入ってくるんですよ。そのおかげで世界全体を見た時、血縁的な多様性はわりといい状態に保たれています。06年当時も、釧路市動物園にロシアから来た血統いいペアがいたんです。僕らもなんとか繁殖させたいと、アドバイスを送リましたが結局、3頭出産して先天的な障害があったりして思うように行かなかった。そこで釧路市動物園にいるアムールトラのオスを、うちで借り受けることはできないかと。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。