人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【リーダーはつらいよ】「改善を促すだけではダメ。部下の成功体験を認めることが大切」パーソルキャリア・松﨑美香さん

2019.07.18

前編はこちら

この企画は中間管理職の本音を紹介しようという新シリーズである。社内でも上の声と下の声に挟まれ、孤立しがちな中間管理職。彼らは現場で何を考え、何に悩み、どんな術を講じて日々、仕事をこなしているのか。

シリーズ第5回はパーソルキャリア株式会社 エージェント事業本部 IT・インターネット領域担当マネージャー 松﨑美香さん(34)。彼女の部署は主にIT・インターネットの企業の中途採用の支援をしている。現在、部下は13名。マネージャー職を担ったのは今年4月からだ。昨今の20代の社員の傾向に気づいた松﨑さん。中間管理職として部下との対応の術も、変化していく。

“お前を成長させたい”という上司からの叱責

後編も部下の話からだ。この4月にマネージャーに昇進した松﨑だが、グループリーダーの時も部下はいた。

「転職の候補者の選択肢を最大限にすることは、人材紹介業の仕事ですよね。転職の候補者が、学歴で判断される場合があります。学歴より中身を知ってもらい、採用につなげるようにしたい」グループリーダーの時の男性部下のそんな考えに、松﨑も共感した。

学歴で候補者をスクリーニングする企業も目立つ。「でも、ご指定以外の学歴の人でも、いい人はいますよ。一度、会ってください」部下は企業と交渉し、何人か候補者を集め、人事担当者と面接の機会を設けた。「いや、いい人がいるね」「認識を新たにしたよ」と面接会は好評で、転職希望者も企業にとっても選択肢が増えることにつながった。

彼は優秀な部下だが飲み過ぎる点と、彼の下についたメンバーに、“こうあるべきだ”と、かなり強く接する時があるのが気にかかる。実を言うと、松﨑も部下の悪い点ばかりを指摘し、部下を萎縮させたのではないかという思いがあるのだ。

そもそも、部下の気になる点を指摘するのは、新卒で入社した人材派遣の会社での上司の叱責が、彼女の中でいい思い出として残っているからかもしれない。

前々職の人材派遣会社の時、適した人材がなかなか見つからず、お客への報告が遅れたことがあった。すると当時の上司から、「それってさ、本当にお客様のためになることだっけ!?お前が逃げているだけだよね!?」と、強い口調の叱咤が2時間ほど続いた。だが、松﨑はそのことに嫌な印象を抱いていない。

上司の叱責からは、“お前を成長させたい”という純粋な思いが伝わってきた。この上司は平素から気取らない。「オレは頭が悪いからさ」とか、自分をさらけ出す正直な人で、お客に対しても誠実な対応を心がける人だった。そんな上司だから長時間の叱咤でも、嫌な感情を抱かなかった。この上司が松﨑の一つのマネジメント像につながっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。