小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

レッド・ツェッペリン「聖なる館」のアナログレコードUK盤のかなりマニアックな話

2019.07.14

『聖なる館』の再発盤にA1B1があった!?

 ところが2ヶ月ほど前、僕をマト1の迷宮に導いてくれた会社の後輩・K君から驚くべきことを聞いた。『聖なる館』の再発盤に、A1B1があるというのだ(レーベルにワーナーのロゴありが再発盤)。

UK盤初版のレーベル。

UK盤、再発のレーベル。2時位置にあるワーナーのロゴ“W”が再発の証。

・驚きその1 流出モノではなく、レコード会社がオフィシャルに出したレコードなのに、NGとされたはずのA1B1が存在する!

・驚きその2 そのカッティングエンジニアがやはり名匠の誉れ高いジョージ・ペカムで、その証である刻印、A面にはPORKY、B面にはPECKOが入っている!

・驚きその3 eBayでA1B1を探し続けたK君、どうにもA1B1の出品は見つからず、A1B3とA4B1を購入、2枚にてA1B1を聴いている!

・驚きその4 K君曰わく“A2B2より、A1B1のほうがいい音だと思う”!

 かくなれば、なんとしてでもA1B1を手に入れたい。中古レコード販売サイトDiscogsを見ると、かなり状態の悪いものが1点あるだけ。eBayにもA1B1の出品はなく、K君所蔵レコード同様、片面がA1かB1のものがわずかに出品されているのみ。そこでebayの検索に“Houses of the holy UK A1B1 Led Zeppelin”と入れて、出品の網を張り、気長に待つことにした。

 すると神様の思し召しか、なんと1週間ほどでヒット、しかも開始価格は10ポンドだ。とはいえ、あくまでも開始、はたしていくらで落ちることやら。とりあえず100ポンドくらいは覚悟した。ところがよく見ると発送はイギリス国内のみ、つまり1000ポンドを用意しようと、日本からは入札できないのだ。だが不思議なことが起きる。出品後1週間経っても2週間経っても、入札がない??? もしかして“A1B1はA2B2より音がいい”は、世界中のツェッペリン党マト1オタクに知られていない?

 ダメ元でセラーに、“40ポンドで落札するから、日本に送ってもらえませんか?”とコンタクトを取った。すると数分で、“OK”の返事が。何事もやってみるものだ。そして落札から約3週間、ついに到着した。まずは検盤。“よし、A1B1だ”。だが、“あれ、刻印はPORKY/PECKOではなく、両面RL???”。首をかしげながら、“世紀のレア盤を手に入れた?”といきりたつも、レーベル上に妙に目立つ文字がある。“STEMRA”とは?

枠に囲まれ、目立つ“STEMRA”。

 “STEMRA”で検索するとJASRACのサイトがヒットし、オランダをさすことがわかる。“オランダ盤?”。さらにジャケット等をくまなく見ると、どうもドイツでプレスされたオランダ盤らしい。つまり僕が欲したA1B1とは全くの別物。eBayの商品説明には、イギリス盤とあるのに……。意気消沈しながら、とりあえず試聴する。詳しくは述べないが、UK盤のA2B2と同じメタルマザーを使った盤、つまりUKマト1=A2B2と同音質の可能性があるからだ。案の定、ほとんど同じ音だった。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。