人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.07.09

間違いだらけのビジネス英会話「善処します=I.ll do my best」「締め切り=deadline」は間違いだった!?

改正出入国管理法がスタートして、今まで外国人社員とは無縁だった業種・職種にも彼らが入社する、あるいは、そうした人たちと商談する時代が到来した。

ここで、よくあるトラブルの火種が、日本人社員とのコミュニケーション。「阿吽の呼吸」、「一を聞いて十を知る」、「忖度」といった“コミュニケーション・テクニック”が世界一重んじられる日本のビジネスパーソンにとって、外国人社員とのやりとりは、しばしば面倒な事態を引き起こす。

しかし、これはどちらが悪いという問題でなく、異なる文化・言語の理解不足が根っこにある。「彼を知り己を知れば……」ではないが、出身国のコミュニケーション上の特性を知ることで、無用のトラブルは未然に防げるのだ。

今回は、そんなコミュニケーションの課題にフォーカスした書籍『マンガでわかる外国人との働き方』(ロッシェル・カップ、千代田まどか/秀和システム)から、外国人社員と働くうえでの「あるある」トラブルと対策をいくつか紹介したい。

「善処します」は”I’ll do my best.”ではない

本書の主人公で外資系企業に勤務する葵さんは、外国人クライアントから無理筋な納期短縮を求められる。そこで、やんわりとできないことを伝える便利な言葉「善処します」のつもりで”I’ll do my best.”と答える。

「善処します」と断ったつもりが…(本書より)

ところが、これをクライアントも、葵さんの外国人上司も「納期短縮は可能」と受け取ってしまう。

これは、日本人同士なら行間を察して伝わる内容でも、外国人相手には全く通じないという典型的な例。

要望に応えられないことに恐縮する気持ちを出しつつ、できないことをやんわりと伝える適切な表現として、”I really wish that were possible, but…”(それは可能であればとても嬉しいですが、~)や”I’m sorry to disappoint you but…”(がっかりさせてしまうのは大変恐縮ですが、~)がある。この表現で前置きして、”We aren’t able to do that.”(それはできません)と明確に言うのが、お互いにしこりを残さない最適解となる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。