小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

社員数100人以下、創業15年以上の会社に入社したら28歳までに転職すべき理由

2019.07.07

3. キャリア形成の発想を変えよう

 私は避けたほうがいいと思うが、仮に残留するならば、発想を大胆に変えたほうがいい。社長以下、役員、管理職は部下を真剣に育成しようとはしていないのだから、あなたが今後のキャリアについてまじめに考える必要はないのだ。
 
 このレベルの会社では、管理職は個々の社員に仕事を担当させ、1か月に数回程度の報告を求めるパターンが多い。これを「育成」と信じ込んでいるのだから、やはり、部下の育成はできない人たちなのだ。「仕事をまかせる」ことと、「仕事力をつけさせる」のは別のものであり、この区別を正しくつけられないのだろう。漠然と仕事をさせて力がつくならば、大企業はあそこまで育成を念入りにしない。

 結局、このレベルの会社では、個々の社員が20代で事実上の管理職に近い立場に立ち、仕事をしている。管理職や役員はそれを「権限移譲」と真剣に信じ込む。この「丸投げ」が全社的に許されているのだから、個々の社員はやりたい放題になっていく可能性が高い。例えば、自分の仕事について決して意見を言わせることなく、PDCAサイクル(Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善))をいつまでも回そうとしない。同じミスや過ちを繰り返しても、「常に自分が正しい」と言い張る。そのことをとがめる者は、社内にいない。上司は不在に近い状態なのだから、注意指導すら受けない。わずかながらの経験で、独善的な仕事の進め方をして、自分を「そこそこにできる人材」と買いかぶる。それでも、自分にとって不都合な報告はせずに、都合のいいところだけを伝えていれば問題は一切起きないだろう。

 このレベルの会社なのだ。なぜ、あなたがPDCAサイクルを回し、よりよきものを目指さねばいけないのか。そんなことは社長以下、ほとんどの社員がしていないのだから、漠然と目の前の仕事をすればいいのだ。

 間違っても、「こういう会社を変えてやる」などと思わないこと。それはありえない選択肢だ。そんなエネルギーと時間があるならば、そっと転職活動を続けて、次の会社を見つけたほうが賢い。内定を得たら、立つ鳥跡を濁さずで、きれいに離れよう。あなたは新卒時の就職活動で何かの間違いで、入社したに過ぎない。実際、50∼60歳になったとき、記憶から消えている会社になっているだろう。その頃、このレベルの会社の大多数は消えている。かけがえない人生で、無駄な時間はできうる限り少なくしたい。

文/吉田典史


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。