人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ストリートビュー、距離計測、現在地の特定など基本操作を解説!Googleマップアプリの便利な使い方

2019.05.31

方向音痴な人でなくても、初めて訪れる場所ではどっちへ進んだらいいかわからなくなるもの。道に迷わないためにも、地図アプリを活用している人も多いのでは? 中でもGoogleマップは無料なうえに、様々な機能が便利に使えるので人気アプリの1つだ。今回はそんな定番アプリでも、意外と知られていない機能をご紹介しよう。

【参考】
ナビゲーション、ローカルガイド、Googleマップをもっと便利に使うテクニック

もうカーナビを超えた!?Googleマップのナビ機能の便利な使い方

Googleマップの使い方は? どんなことに使うアプリ?

Googleマップは、場所を検索したり、目的地への行き方を調べたりできるアプリだ。具体的にどんなことができるか見ていこう。

Googleマップなら経路を距離で比較検討できる

Googleマップで目的地を設定すると、複数の経路が表示される場合がある。自動車での移動の場合、おすすめの経路は青(混雑箇所は赤やオレンジ)で表示されるが、別の経路はグレーで表示される(画像左)。グレーの経路をタップすると、所要時間と距離が切り替わり、簡単に比較できる(画像右)。

Googleマップは現在地情報を活用するのが基本

単に地図を眺めるだけだと、Googleマップの良さは体験できない。Googleマップの様々な便利機能は、現在地情報を起点としている。

ナビ機能も現在地情報は必要だし、現在地周辺のスポットとして、レストランや観光スポット、イベントなどの情報もサジェストしてくれる。

Googleマップのストリートビューが便利

訪問する先の大通りなどを下調べするなら、Googleマップは最適な地図だ。普通の地図は、道や大まかな建物がわかる程度だが、Googleマップのストリートビューを使えば、訪問先の具体的なイメージが事前にチェックできる。

調べたい場所にピンを置き、地図の左下にあるストリートビューのボタンをタップする(画像左)。すると、画面がストリートビューに切り替わる(画像右)。

Googleマップのストリートビューはいつ更新される?

Googleはストリートビューの更新頻度を公開していないので、残念ながら、いつ更新されるかはわからない。ただし、ストリートビューカーが撮影を予定している場所は公開されている。

【参考】ストリートビューの写真には、Google提供のものと、それ以外の提供元のものの2種類があります。(Googleマップ公式)

Googleマップで距離測定もできる!

Googleマップでは、経路の距離のほかに、任意の2地点間の直線距離を計測もできる。

Googleマップの現在地設定方法

Googleマップ上に現在地を設定するには、「設定」アプリを起動し、「プライバシー」→「位置情報サービス」と進み、「Google Maps」をタップする(画像左)。「位置情報の利用を許可」から、「このAppの視聴中のみ許可」か「常に許可」をタップする(画像右)。

Googleマップの現在地が動かないときの対処法

Googleマップは、現在地が移動すると地図が自動的にスクロールする。常に現在地を中心に保持してくれるはずだが、まれに地図が自動スクロールしない場合がある。

この場合は、右下にある白抜きの位置情報マークをタップしよう(画像左)。現在地が中心になるよう地図がスクロールして、以後自動的にスクロールするようになる。位置情報マークが青になっていれば、現在位置に合わせて地図がスクロールする状態だ(画像右)。

Googleマップで現在地の表示を消すには?

「位置情報サービス」の「位置情報の利用を許可」で、「許可しない」を選択すると、現在地は表示されなくなる。ただし、現在地情報に基づく機能はすべて利用できなくなる。

自分の現在地を地図で伝えたい! Googleマップの現在地共有

自分の現在地を友人などに伝えたい時に役立つのが、現在地共有だ。共有相手がGoogleアカウントを持っていなくても利用できる。Googleマップ上で自分の現在地をリアルタイムに把握してもらえる。

【参考】地図だけじゃない!意外な使い方で楽しめるGoogleマップの魅力

Googleマップで距離計測してみよう

Googleマップでは、経路の距離計測のほかに、直線距離も計測できる。計測したい場所の始点にピンを置き、下部のメニューの中にある「距離を測定」をタップする(画像左)。地図を拡大縮小・スクロールしながら、画面中央にある黒丸に終点を合わせると、左下に距離が表示される(画像右)。右下の「+」をタップすると、折れ線の距離を計測できる。

Googleマップで距離が等しい同心円は描ける?

Googleマップでは同心円を描くことはできないが、Googleマップの機能を拡張したサイトでは、同心円を描く機能を提供している。

【参考】同心円 - MULTISOUP

Googleマップをダウンロードするなら?

Googleマップの便利さがわかったら、使ってみたくなるはず。Googleマップは、パソコン、タブレット、スマートフォンなどで幅広く利用できる。もしスマホで使うなら、アプリが手軽で使いやすい。

無料ダウンロードできるのが嬉しい! Googleマップのアプリダウンロード方法

これだけ使い勝手のいい地図アプリのGoogleマップだが、全ての機能を無料で使える。気軽にダウンロードして、インストールしておいても損はない。
iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playからダウンロードしよう。

【参考】Googleマップ(App Store)

Googleマップ(Google Play)

Googleマップの「オフラインマップ」がダウンロードできない!?

Googleマップでも「オフラインマップ」の機能が追加されたが、日本向けの地図はサポートされていなかった。そのため、地図がダウンロードできず、残念な思いをした人もいることだろう。

最新バージョンのGoogleマップなら「オフラインマップ」も利用できる

日本時間の3月6日、Googleマップの日本向け地図を新たに開発したとの発表があった。ゼンリンの地図データの提供を受けずに、Googleが自身で開発した地図データを使用するというニュースを耳にした人もいるだろう。これを機に、日本向けの地図でも「オフラインマップ」が利用できるようになった。

Googleマップのナビなら地図更新不要

「オフラインマップ」のサポートで、ナビとしての使い勝手もアップしたGoogleマップ。カーナビで悩ましい地図更新が不要なので、利用価値は非常に高い。

【参考】ドライブで使いたいGoogleマップの便利機能

常に最新の地図が使える便利な「カーナビアプリ」おすすめ3選

地図アプリの基本を磨き続けるGoogleマップを使ってみよう

様々な機能を紹介してきたが、Googleマップの真価は、検索性と情報の細かさだ。こういった地図アプリとしての基本は、他の追従を許さないレベルに達している。

ほかの地図アプリを気に入って使っている人も多いと思うが、予備の地図アプリとしてGoogleマップを利用するのもおすすめだ。さらなる進化でGoogleマップが便利になることに期待したい。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。