人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

蛍光灯が切れた!交換する時はいくらかかる?気になる費用と注意点

2019.05.21

室内を明るく照らしてくれる蛍光灯は、現代の暮らしには必須となる電化製品の1つだ。そんな蛍光灯には寿命があり、定期的な交換がどうしても必要になる。この記事では、自力で交換する際の注意点や、安定器などのあつかいが難しいものを業者に頼むときにかかる費用を紹介する。

蛍光灯を交換する前に、種類を確認しよう

蛍光灯には種類がある。一般的に家で使われているものは、細長い直管型蛍光灯と、丸いい円型蛍光灯(もしくは丸型蛍光灯)だ。

LED 丸型 ランプ 蛍光灯 12W 30形 1200lm 昼白色 丸形 工事不要 室内照明 インテリア照明
価格:1799円

【参考】Amazon詳細ページ

蛍光灯を交換するときは、サイズのチェックも必須

蛍光灯は形が違うだけでなく、それぞれサイズも異なる。棒状の直管型は、明るさで長さが決まっている。メーカーが違っても規格は統一されているので、購入時はまず長さをチェックしよう。

LED蛍光灯 40W形 直管 120cm G13口金 昼光色 高輝度 2300LM グロー式工事不要
価格:1300円(1本)

【参考】Amazon詳細ページ

家でもっともよく使われる円形の蛍光灯は、ワット数でサイズが変わる。また、接続する機器ごとに適合するしないがあるのでサイズ以外もチェックが必要だ。

【参考】サイズ選びでもう迷わない!これだけは知っておきたい蛍光灯の基礎知識

蛍光灯を交換するときの注意点

蛍光灯は特殊なものでない限り、自力で交換できる。ここからは、交換時の注意点を解説していこう。

蛍光灯の外し方は、本体の構造で異なる

直管型は、おもに学校やオフィスで交換の様子を目にしたことはないだろうか? 直管型には蛍光灯を回転して外すタイプと、蛍光灯を片方に押してスライドさせて外すタイプが主流だ。めずらしいタイプとしては、蛍光灯の両側のカバーを中央に持ってきて外すタイプもある。

一方、円形蛍光灯の外し方は1種類しかない。ソケットを外して、蛍光灯を支える金具などを外すだけだ。言葉で説明すると複雑そうだが、直管型よりも簡単だ。

【参考】交換時に注意するべきことは?意外と簡単な蛍光灯の外し方

蛍光灯の交換は感電や落下に注意

交換するときに、もっとも気をつけたいのは感電だ。必ず電気を消しておこう。ただし、蛍光灯が切れてから交換する場合、電気のオンとオフを判別しにくい。念のためブレーカーを落とすなどの対策を取るといいだろう。

また、蛍光灯やブレーカーは、手の届かない高いところにあることが多く、足場が必要となる。不安定な姿勢で転倒し、大怪我をしないよう注意したい。とくに蛍光灯を持ったまま転倒すると、持っていた蛍光灯が割れて大惨事にもなりかねない。

蛍光灯からLEDに交換するときの注意点

蛍光灯からLED式蛍光灯への変更は、とくに工事は必要なく簡単に交換できる。ただし、器具によっては電源部分を外し、専用アダプタを接続するといった作業も必要になる。わからない場合は、専門業者に問い合わせよう。

蛍光灯の交換時期をチェックする方法

蛍光灯の交換時期のチェック方法を知っていれば、切れてからあわてて買いに行かずに済む。ここでは、そのチェック方法を紹介しよう。

LEDや蛍光灯の交換時期の見分け方

蛍光灯の場合は、蛍光灯が黒ずんできたら交換のサインだ。ほかにも、点灯時にチラついてきたら交換したほうがいいだろう。一方、LEDは、劣化すると光る力が弱くなってくる。点灯時の光が弱くなってきたら、交換のサインだ。

蛍光灯の安定器の交換時期

蛍光灯の安定器にも寿命がある。標準的な使用であれば8年から10年で寿命がくるので、こちらも時期がきたら交換を検討しよう。

蛍光灯を交換したのにつかないときは?

新品に交換しても、電気がつかないことはしばしばある。蛍光灯の初期不良という可能性もあるが、まずはサイズ、メーカー、型番、接続部分をしっかり確認してみよう。

円形蛍光灯を交換してもつかないときは、接続部分を要チェック

サイズやメーカーが合っていてもつかないのは、きちんと接続されていないケースが多い。とくに円形の場合、ブラグを差し込む形のため、差し込みが甘くなっていることもある。しっかり差し込み直してみよう。

それでもつかない場合は、照明器具そのものに不具合があるかもしれない。専門業者などに相談しよう。

蛍光灯の交換は業者に頼める?

蛍光灯や安定器の交換が個人で難しい場合は、業者に頼むことになる。電球のみを取り替えてくれるところもあるので、無理に自分でやらずに交換してくれる業者を探そう。

蛍光灯や安定器を交換してくれる業者は、どんなところがある?

照明器具の修理やメンテナンスサービスをあつかっている業者であれば、たいていは安定器も交換してくれる。たとえば、ビッグカメラグループのコジマは、照明器具のメンテナンスサービスを行っている。業者選びに迷ったときは、こうした家電量販店に相談するのも手だ。

蛍光灯の交換を業者に頼むとき、費用はいくらかかる?

業者に交換を頼む場合、当然ながら費用が発生する。ここからは、交換を頼む部位ごとにかかる費用を解説していこう。

蛍光灯本体の交換にかかる費用

蛍光灯だけを交換する場合、安価な業者なら1000円未満。高いところは6000円~と幅広い。

蛍光灯安定器の交換にかかる費用

安定器の場合、修理と交換とで金額が変わる。修理なら1万5000円ほど、交換なら見積もりになるので、金額を聞いて判断しよう。

蛍光灯を器具ごと交換する場合の費用

照明器具ごと交換する場合、高いところでは数万円かかる。一方、価格が安い業者は、器具の交換をどこまでやってくれるのか細かく別れていることもある。こちらも安定器の修理と同じく、可能なら見積もりを聞いたほうがいいだろう。

高所の蛍光灯を交換すると、費用が高くつく?

屋外などの高いところに蛍光灯がある場合、高さによって数万単位で費用が変わることもある。高所に対応していない業者もあるので、見積もり時にどのくらいの高さまで対応可能か聞いておくといい。

自分が使っている蛍光灯や照明器具が良くわからない場合は、スマホで写真を撮り、お店で確認してもらうといいだろう。そして、自力で交換が不可能だと思ったら、無理をせずお店のサービスや専門業者を活用しよう。自力での交換が可能なときは、この記事を参考に、接触不良や感電に気を付けて作業してほしい。

文/ねこリセット

※データは2019年5月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。