人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.02

振込手数料を徹底比較!他行宛てでも無料でお金を振り込む方法

例え自分の名義でも、銀行や支店が違えば自動的に取られてしまう振込手数料。できるだけ安く済ませたいところだが、銀行や振込方法、宛先など、状況によって細かく料金が分けられ、わかりにくいところが厄介だ。そこで、この記事では、銀行や状況ごとの振込手数料を比較してみる。

シチュエーション別に変わる振込手数料の比較

振込手数料は、振り込む金額や方法、他行の口座に振り込む場合など、状況によって金額が変わる。さまざまなシチュエーションの振込手数料を比較してみよう。

他行への振込手数料を比較

同じ銀行同士でやり取りをするより、ほかの銀行への振り込みする時のほうが手数料は高くなるのが一般的だ。みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行を比較してみると、ATMでカードを使って3万円未満の振り込みをする場合、最も安く他行に振り込めるのはみずほ銀行と三井住友銀行。その手数料は、どちらも1件あたり216円だ。

振込手数料が比較的高くなる法人口座でも無料で振り込む方法

法人口座は、振込手数料も個人口座よりも高くなる銀行が多い。ネットバンクであれば、法人口座でも無料で振り込めるところもある。GMOあおぞらネット銀行やイオン銀行は、同じ銀行への振込手数料はかからない。

振込手数料比較! 窓口でも安い銀行は?

3万円以上の振込を窓口ですると、都市銀行では864円かかる。3万円未満なら、みずほ銀行と三菱UFJ銀行、三井住友銀行は648円で振り込める。

ネット銀行の振込手数料は比較的安い

ネット銀行は、同じ銀行の口座間での振り込みなら手数料がかからないところもある。他行宛てでも300~400円程度でできるところが多く、都市銀行などと比べても振込手数料は安い。

振込手数料の比較、コンビニATMの場合は?

振り込みはコンビニに設置されているATMでもできるが、手数料は銀行のATMと同じくかかる。各銀行の定めた手数料の違いはあるが、コンビニによる違いはほぼない。

色々な銀行の振込手数料一覧

ここで、いくつかの都市銀行とネット銀行の振込手数料一覧へのリンクを貼っておく。細かい違いを比較してみよう。

■都市銀行

みずほ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
りそな銀行

■ネット銀行

GMOあおぞらネット銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行
ジャパンネット銀行
ソニー銀行
大和ネクスト銀行
新生銀行
イオン銀行

振込手数料はゆうちょ銀行がお得?

ゆうちょ銀行の振り込みは、ほかの銀行とは少し違った特徴がある。例えば、ほかの銀行は3万円を境に振込手数料が変化するのに対し、ゆうちょ銀行は5万円から手数料が切り替わる。このような、ゆうちょ銀行ならではの振り込み手数料の特徴を紹介しよう。

【参考】ゆうちょ銀行 振込手数料一覧(公式サイト)

振込手数料の比較、ゆうちょ銀行と都市銀行はどっちが高い?

ゆうちょ銀行と都市銀行の振込手数料を比較してみると、ほぼ横並びであまり変わりない。ただし、先述した通りゆうちょ銀行は5万円から手数料が高くなるため、3万円以上5万円未満の金額を振り込む場合には、ゆうちょ銀行がお得といえる。

ATM振込手数料はゆうちょ銀行同士なら無料の場合も

ゆうちょ銀行同士での振替は、ATMなら月1回無料。ゆうちょダイレクトを利用すれば、月5回まで無料でできる。

振込手数料はゆうちょ銀行のコンビニATMを使うとどうなる?

ゆうちょのATMが設置されているファミリーマートであれば、ゆうちょ銀行の口座からの振込ができる。振込手数料は、郵便局に置いてあるATMと変わらない。

振込手数料は、ゆうちょダイレクトを使うと安くなる?

ゆうちょダイレクトでの振込は、ゆうちょ同士なら月5回までは無料で、6回目以降は113円となる。他行宛ての場合は、5万円未満なら216円、5万円以上なら432円だ。

【参考】ゆうちょダイレクト 手数料一覧(公式サイト)

振込手数料が安いのはゆうちょ銀行、みずほ銀行どっち?

ゆうちょ銀行とみずほ銀行の他行宛て振込手数料を比較してみると、手数料自体はどちらもほぼ変わらない。ただ、先述の通りゆうちょ銀行は料金の切り替えが5万円からのため、3万円以上5万円未満であれば、ゆうちょ銀行のほうが安く振込できる。

振込手数料は、ゆうちょ銀行のATMを土日に使うと平日より高くなる?

ゆうちょ銀行のATMで振込をした場合、土日でも手数料は平日と変わらない。

振込手数料を無料にしたいならゆうちょダイレクトがおすすめ

ゆうちょダイレクトは、パソコンやスマホ、電話などから口座の照会や振り込みなどができるサービスだ。ゆうちょ銀行間なら、月5回までは無料で振り込みできる。

振込手数料がかからない方法は、ネット銀行を使うこと!

ネット銀行なら、他行宛てでも条件付きで振込手数料を無料にできるところは多くある。ソニー銀行と住信SBIネット銀行は、無条件で月1回まで無料で他行へ振り込みできる。さらに、Visaデビットカードやクレジットカードを作ることで、月3回まで無料となる。

【参考】知ってた?口座を開設するだけで振込手数料やATM利用料が無料になる銀行は意外と多いって

振込手数料は1回数百円程度とはいえ、積み重なれば出費も大きくなる。できるだけ安いところを利用したり、無料で振り込みできるネット銀行を使ったりして、上手に振込手数料を節約してほしい。

文/ねこリセット

※データは2019年5月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。