小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

発達障害だった発案者の人生を変えた!自分をコントロールするノート術「バレットジャーナル」とは?

2019.05.08

アプリとも連動。スケジュールはグーグルカレンダーで管理

---------ところでスケジュールはどのように管理しているのですか? キャロルさんはデジタルプロダクトのデザイナーですが、スマホアプリとの連携などは?

RC 私は始めにすべての情報をノートに書き込みます。それから頭の中でフィルターをかけて、必要な情報をアプリに振り分けています。スケジュール関係はグーグルカレンダーに入れますし、航空券はチケットアプリに入れます。リマインダーは必要ありません。ノートを見ればいいのですから。

手元にノートブックがない時のために、スマホアプリBullet Journal Companionを作りました。タスクやイベントを確認できます。あくまで補助的なツールですから、アプリに書き込んだ情報は72時間後に消える仕組みになっています(笑)ノートブックに書き写すことが大事。すべてが1冊のノートに入っていることに意味があるのです。

---------キャロルさんは一年に何冊ぐらい使いますか?

RC 3〜4冊です。手帳やスケジュール帳と違って,好きなだけ書いてください。何か困ったことが起きた時、アイデアに行き詰まった時、このノートに立ち返ることで次にすべきことがわかります。これを続けていくことで少しずつ人生がいい方向へ行き、あなたの目標に近づけると思います。

キャロル氏はバレットジャーナルを「内装していない空っぽの家」と表現する。使い方にルールはない。ユーザーのニーズに合わせて応用でき、また進化していくのだと言う。

バレットジャーナルがうまく行くとしたら、その理由の1つは手書きすることにあるだろう。著書の中でキャロル氏は手書きについて「手で文字を書いていると物事を批判的に考えやすくなるので、頭の中の考えに新たなつながりが生じやすくなる」と書いている。

ここまで読んで、バレットジャーナルを始めてみたいと思った人へ。必要なものは3つ。

・1枚の紙
・1本のペン
・1冊のノート

次に、やるべきことを手書きで箇条書きにしてみよう。人生を変える一歩になるかもしれない。

ライダー・キャロル著/栗木さつき訳『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』ダイヤモンド社 1600円(税別)

取材・文/佐藤恵菜

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。